このページの本文へ

腕の動きを観察して力を加減、人と一緒に働くMITの新しいロボット

2019年05月24日 06時45分更新

文● Will Knight

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マサチューセッツ工科大学(MIT)は、人間の上腕二頭筋に取り付けた筋電計センサーの信号から、その腕の動きを察知するロボットを開発した。ロボットを安全に効率よく人間と協働させるのに有効なアプローチとなる可能性がある。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ