このページの本文へ

あのグーグル・グラスが新しくなって帰ってきた(ただし産業用)

Charlotte Jee

2019年05月24日 06時59分更新

記事提供:MIT Technology Review

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

拡張現実(AR)メガネは、今回も一般消費者には販売されず、企業向けとなりそうだ。

2013年の発売当初、グーグル・グラスは市場から歓迎されなかった。それ以降、一般消費者の前から姿を消していたグーグル・グラスだったが、作業中に手を使わずに情報にアクセスできることから、物流や製造業などさまざまな産業分野で密かに足がかりを築いていた。

グーグルはブログ投稿で、「グラス・エンタープライズ・エディション2(Glass Enterprise Edition 2)」はさらに強力なプロセッサーと新型の人工知能(AI)エンジン、高性能カメラを搭載しており、充電速度やバッテリー駆動時間も向上していると発表した

グーグルはグーグル・グラスをX(アルファベット子会社)の「ムーンショット・ファクトリー」から移管し、製品群に加えている。また、最新版のグーグル・グラスはアンドロイドOSを基盤としており、企業がグーグル・グラスを導入しやすくしている。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ