このページの本文へ

256段階筆圧感知機能でお絵かきタブレットとしても

さらに薄型化した手頃なコンバーチブルノートPC「m-Book U」

2019年05月16日 13時45分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マウスコンピューターは5月16日、薄型14型コンバーチブルノートPC「m-Book U」を発売した。

 液晶部を360度回転させることができ、タッチ液晶は256段階の筆圧感知やWindows Inkに対応するペン入力が可能(スタイラス付属)でノートPCのほかタブレットとしても利用可能。

同社従来機よりも薄型化している 

 CPUにはインテルCore i7-8565Uを採用、16GBメモリー、512GB SSDなどを搭載。液晶解像度は1920ドット×1080ドットで10点マルチタッチ対応。100万画素カメラや指紋認証センサー付き電源ボタンはWindows Hello対応。

 最長およそ16.4時間のバッテリーを装備。本体サイズはおよそ幅322.8×奥行き218×高さ16.8mm、重量およそ1.5kg。価格は「m-Book U400S」が15万984円、Microsoft Office Personal 2019付きの「m-Book U400S-A 」が17万1504円。

カテゴリートップへ

マウスコンピューター