このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

アスキー・ジャンク部リターンズ第269回

赤いきつねの天ぷら、緑のたぬきのうどん:

「赤いたぬき」奇跡の合体 ちょっと特別な感じ

2019年05月13日 10時00分更新

文● モーダル小嶋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「マルちゃん 赤いたぬき天うどん」
東洋水産
5月13日発売
実売価格200円前後

赤いきつね勝利記念、まさかの融合

 赤と緑。RYBの場合は補色にあたります。ハルキストにとっては「ノルウェイの森」のカバーの色だったり、特定の世代にとってはリザードンとフシギバナだったりするわけですが、東洋水産(マルちゃん)にとっては「赤いきつね」「緑のたぬき」です。

 2018年に「赤いきつねうどん」が発売40周年になることを記念して、東洋水産はどちらが好きかを投票する「あなたはどっち!?食べて比べて投票しよう!」キャンペーンを10月4日〜2019年1月31日まで実施しました。みなさんはどちら派でしょうか?

 投票では、赤いきつねうどんが2万9066票を、緑のたぬき天そばが2万4797票を獲得し、赤いきつねが勝利。赤いきつねがマニフェストとして掲げていた「赤いたぬき天うどん」が期間限定で誕生することになりました。

こちらが「赤いたぬき」

 麺はうどんで、つゆは東西の2種類に分けた和風だしを利かせたつゆがポイントだそう。具材には、緑のたぬきでおなじみの小えび天ぷらに、赤いきつねのおあげを食べやすいサイズにしたきざみあげ、たまごを加えています。このあたりには、奇跡の合体感があるような気がします。

「赤いきつね」「緑のたぬき」と並べてみました。ほんとうに、両者がフュージョンしたようなパッケージです
赤いきつねと並べると……間違えて買っちゃう人もいるかもしれない
うどんの中に小えび天ぷら

 あらためて、赤いパッケージの中にうどんが入っていると「あれ?」と思います。いつもと違うこの感じ。小えび天ぷらは後のせ(お湯を入れて、食べる直前に入れる)を好む人もいるかもしれませんが、自分はそのままお湯を注ぐパターンを選びます。

粉末スープとスパイス(七味唐辛子)

 粉末スープを入れて5分(うどんなので)。スパイスは七味唐辛子でございます。当たり前なんですが、なにか特別な工程があるわけではない。

できあがりはこんな感じです。違和感はあまりないですよね

前へ 1 2 次へ

この連載の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!
アスキーグルメ 最新連載・特集一覧