このページの本文へ

加齢性難聴で「認知症リスク」が上昇、うつ病や運動機能低下も

文● 真島加代(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
年だから、と放置しておくのは危険です。
加齢性の難聴で認知症リスクが上がるという研究結果が出ている。年だから...と諦めて放置するのは危険である Photo:PIXTA

年々、耳の聞こえが悪くなる“難聴”。年を重ねれば耳が遠くなるのは当たり前…とそのまま放置している中高年層も多いだろう。しかし、加齢による難聴を放っておくことは、さまざまなリスクをはらんでいるという。加齢に伴う“聞こえの悪さ”を放置する危険性について、専門医に聞いた。(清談社/真島加代)

聴力の低下は20代から
始まっている!?

 代表的な老化現象のひとつに挙げられる「聴覚の衰え」。耳が遠くなるのは高齢者になってから、と思っている中高年も少なくない。しかし、実際には20代から聴力は衰え始めているという。

「聴力の低下とともに、高音が聞き取りにくくなっていきます。20歳を超えた頃から非常に高音の『モスキート音』が聞こえなくなる人もいますね」

 そう話すのは、済生会宇都宮病院耳鼻咽喉科主任診療科長の新田精一医師だ。聴力の老化には、耳の奥にある“蝸牛(かぎゅう)”という器官の衰えが深く関わっている、と新田医師は話す。

「私たちは音を聞く際、耳と脳を使います。まず、耳から入った音は鼓膜を振動させて、耳の奥にある蝸牛に届きます。蝸牛には、音を電気信号に変える働きがあり、その電気信号が脳の聴覚野に伝わります。しかし、加齢によって蝸牛の細胞が弱まると脳に伝わる電気信号も弱くなるので、脳が音を認識しにくくなる。これが『加齢性難聴』です」(新田医師、以下同)

 年齢に関係なく発症する「突発性難聴」などの例外もあるが、65歳以上の3人に1人は、なんらかの難聴を抱えているという。しかし、加齢性難聴はゆるやかに進行するので、本人は気づきにくいケースが多いのだとか。

「生活に支障がない状況で、自分の難聴に気づく人は少ないですね。特に中高年層は『自分はまだ大丈夫』という自信があるので、多少の聞き取りにくさを感じても、対策をとる人はほとんどいません。また、年を重ねて、さらに難聴が悪化しても『年だから仕方がない』と、そのまま放置している高齢者が多いのも実情です」

加齢性難聴が招く
最大のリスクは「認知症」

 しかし、「生活には困らないことを理由に難聴を放置するのは考えもの」と新田医師は指摘する。

「2017年の国際アルツハイマー病協会会議において、ランセット国際委員会は『認知症症例の約35%は9つの危険因子に起因する』という研究結果を発表しました。その9つの危険因子のうちのひとつに『難聴』が指定されたのです。つまり、中年期からの難聴は『認知症リスク』を上げる可能性があるのです」

 ランセット国際委員会の研究結果(Livingston G, et al. Lancet. 2017 Jul 19.)によると、「中年の高血圧」や「晩年のうつ病」などの危険因子のなかで、もっともリスクが高かったのは「中年期の難聴」だったという。(「先天性難聴」や、片方の耳が重度の難聴になる「一側性難聴」の場合は、この限りではない)

「現状では、難聴と認知機能の低下との詳しい因果関係は明らかになっていません。ただ、聴力の低下によって、脳を使わなくなることが認知症のリスクにつながるという仮説が立てられています」

 また「難聴は、ただ単に音が聞こえなくなるだけではない」と新田医師。音の大小にかかわらず、言葉そのものが聞き取りにくくなってしまうという。

「加齢性難聴によって、音を認識する脳の『側頭葉』が劣化すると、言葉がゆがんで聞こえるようになってしまうのです。すると、会話中も相手の言葉がわからなくなり、人とコミュニケーションをとるのがおっくうになって社会から孤立してしまうケースも少なくないです。社会とのつながりや、コミュニケーションによる脳への刺激は認知症の予防に必要不可欠。重度の難聴は、社会からの孤立と、脳機能の低下を加速させる要因になりかねません」

 認知症リスクのほかにも、うつや運動能力の低下など、難聴による悪影響は数多く報告されている。難聴を放置し続けると、大きな代償を払うことになるのだ。

テレビの音量、体温計の電子音
まずは「聞こえのセルフチェック」

 まずは「自分の聴力がどれくらい落ちているかを認識する必要がある」と、新田医師は話す。新田医師が提案する以下の「聞こえチェックリスト」の項目に複数チェックがついた場合は、加齢性難聴が悪化している可能性があるので注意しよう。

□テレビの音が大きいと言われる
□体温計のピピッという電子音に気づかない
□会話が聞き取れず、聞き返してしまう
□静かな環境でも聞こえにくいことがある
□呼んだのに気づかないと言われた
□声や音が割れたように聞こえる

「中高年が難聴に気づくきっかけは、仕事に支障が出たとき。会議などの大人数が同時に話をする場で、ほかの人の言葉が聞き取れないと感じて来院する中高年の患者さんもいます。また、加齢性難聴は、自覚するのが難しいので、家族や仕事仲間からの指摘を受けて病院に訪れる患者さんも少なくないですね」

 自分では気づきにくい“聴力の問題”は、他人の声に耳を傾ける必要がありそうだ。老化が原因のため加齢性難聴は治すことはできないが、早めに対策することで自分の聴力を維持できるという。

「ひとつは、騒音環境を避けること。ライブや工事現場など大きな音がする場所での長時間の滞在や、イヤホンの音量を大きくすることなどは蝸牛の細胞の負担になり、聴力の低下を招きます。やむを得ず騒音環境に長時間いなければならない場合は、耳栓の使用をおすすめします」

加齢性難聴を悪化させる
意外な病気とは?

 騒音環境のほかにも、さまざまな生活習慣病が加齢性難聴を悪化させる。

「特に『動脈硬化』『高血圧』『糖尿病』などの生活習慣病は、脳や内耳への血流を悪化させて聴力を低下させるといわれています。揚げ物中心の食生活を改善し、喫煙、アルコールなどの嗜好品を避ける、適度に運動をするなどの生活習慣全体の改善が難聴予防にもつながりますよ」

 また、自分の聴力に不安を感じたら、すぐに専門医に相談してほしいと新田医師は強調する。

「加齢性難聴は誰もが直面する老化現象なので、治療で聴力を上げることは困難です。しかし、聞こえの悪さを放置すること認知症のリスクを上げてしまうので、早めの対策がポイントです。認知症予防の観点でおすすめの対策は『補聴器』の使用です」

 補聴器によって聴力を補うことで、認知症の予防効果が期待できるのだ。しかし、日本での補聴器のイメージは、高齢者向けのもの、保険適用外で高額、使いにくい…といったネガティブなものが多く、なかなか普及しないのが現状だ。

「諸外国に比べて、日本での補聴器の普及率はとても低いです。正しい使用方法が浸透していないことが1つの原因ですが、近年では学会でも力を入れており、一定の研修を行っている耳鼻咽喉科専門医(補聴器相談医)が増えています。ただ、補聴器は装着してすぐに聞こえるようになるわけではなく、音を脳に慣れさせるためのトレーニングが必要です。まずは、自身の聞こえの違和感について補聴器相談医に相談するのが先決ですね」

 近年では、小型化してより目立たない補聴器や、スマホの音楽や電話の声を直接聞くことができる補聴器も登場し、以前よりも手に取りやすくなりつつある。加齢性難聴の影響は、健康被害をはじめ社会的孤立、認知症リスクと多岐にわたる。年だから難聴になるのは仕方ない…では済まされない未来が待ち受けているかもしれない。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ