このページの本文へ

総額いくら? フェラーリが大集結したフェラリスタ憧れのイベントレポ

2019年04月20日 15時00分更新

文● 栗原祥光 撮影●栗原祥光

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

フェラーリが一生分見られるイベント
「フェラーリ・ブランチ2019」

 4月7日(日)、ミュゼオ御殿場にてフェラーリオーナーの集い「フェラーリ・ブランチ2019」が行なわれました。180台近いフェラーリが集結したこのイベントに潜入したのでレポートします!

 日本で唯一本社から公認を受けているオーナーズクラブ「フェラーリ・オーナーズ・クラブ・ジャパン」(FOCJ)が主催するこのイベント。今年で5年目を迎え、関東・中国地方のみならず、全国から古くは「365 GTB/4」(デイトナ)から、前日に納車されたフェラーリ史上最強のV8モデル「488 Pista」まで約180台が集合。中には貴重なモデルも多数集結し、その総額はいったい幾らになるのかと……。

 この日は好天に恵まれ、また桜も満開。まさにオフ会日和といった様子で、朝8時30分の開場からフェラーリが続々と集合。一般道にも「フェラーリ渋滞」ができるほどでした。

 参加される方はご夫婦がほとんど。「488 GTB」で参加されたご夫婦の奥様にお話をうかがうと「いいお天気なので、小田原でカマボコを買ってから箱根を経由して御殿場までドライブして来ました。一般道では結構目立っていたのですが、ここに来ると目立たないですね(笑)」と笑顔。いたるところで、ご主人はオーナー同士での車談義、奥様は奥様同士での会話の花が咲いていました。

フェラーリ・オーナーズ・クラブ・ジャパンの川崎会長

 フェラーリ・オーナーズ・クラブ・ジャパンの川崎会長は挨拶で「フェラーリ・オーナーズ・クラブ・ジャパンは今年で発足5年目を迎えることとなりました。フェラーリ・オーナーズ・クラブ・ジャパンはサーキットイベントやクリスマスパーティーなどを行なっていますが、デイトナから最新モデルまで一堂に会するのは、このフェラーリ・ブランチだけではないでしょうか。今日は皆様、フェラーリ好き同士、フェラーリを眺めながらフェラーリトークに花を咲かせてください」と挨拶。参加者の皆様は、食事を楽しみながらの一時を過ごしていました。

 それでは珍しいフェラーリの数々をお腹いっぱいご覧ください。

 以前ASCII.jpでもフェラーリは試乗していますので、その動画をどうぞ!

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ