このページの本文へ

押し心地を追求したキータッチが評判の高耐久キーボード

東プレの「REALFORCEキーボード」にMac版が登場

2019年04月15日 17時40分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東プレは4月11日、「REALFORCEキーボード」の新シリーズとして Mac対応モデル4機種を発売した。

 REALFORCEキーボードは押し心地を追求したキータッチと高耐久の静電容量無接点方式キースイッチを特徴とする高品位キーボード。Mac対応モデル「REALFORCE for Mac」では、Mac標準の日本語配列(JIS)を採用するほか、Macに馴染むシンプルなキートップフォントを採用、F1、 F2などのファンクションキー機能と画面の明るさ・音量・メディア操作などの特殊機能についてシステム環境設定を起動せず切り替えることができる。また、Boot CampでWindowsも利用するユーザー向けに「半角/全角」キーを左上に配置する。

ラインアップ

 全モデルともNキーロールオーバー機能やエルゴノミックなステップスカルプチャーレイアウト採用。またカスタマイズ可能なREALFORCEソフトウェアに対応する。とくに「R2SAモデル」はすべてのキースイッチの反応位置を1.5mm/2.2mm/3mmの3段階のキーストロークの深さから好みで選べるAPC(Actuation Point Changer)機能を搭載。

 いずれもインターフェースはUSB、サイズはおよそ幅455×奥行き142×高さ30mm。価格はいずれもオープンプライス。

■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中