このページの本文へ

増え続ける需要に対応する省エネ型最新データセンター

IIJ、千葉県白井市に「白井データセンターキャンパス」完成

2019年04月12日 14時55分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
白井データセンターキャンパス外観

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は4月10日、千葉県白井市に新たにデータセンター「白井データセンターキャンパス(白井DCC)」が完成したと発表した。5月1日より稼働開始する。

 需要に応じて柔軟かつ安価に設備を構築できるシステムモジュール型工法を取り入れており、運用コスト削減と運用効率の最大化を実現する最新のデータセンターという。外気冷却などの省エネ型設備を採用し、「環境省平成30年度業務用施設等におけるネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)化・省CO2促進事業(次世代省CO2 型データセンター確立・普及促進事業)」に採択。また、IT人材不足や働き方改革に対応するために、ロボットによるデータセンター運用の無人化・自動化に取り組んでいるという。

 敷地面積はおよそ4万平方メートル、最大延床面積はおよそ8万平方メートル。6000ラックを収容する。IIJでは5GやIoT、AIによりデジタルデータは今後爆発的に増大しクラウドサービスの需要拡大が見込まれるとしている。白井DCCは同社のサービスの集約拠点として活用するほか、エンタープライズ、データセンター事業者向けにもサービス提供する予定。

カテゴリートップへ

ピックアップ