このページの本文へ

和暦で記載する書類や資料の新元号移行に対応

WPS Officeの新元号「令和」に対応した最新プログラムを4月中旬以降に提供

2019年04月09日 17時00分更新

文● 市川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 キングソフトは4月9日、総合オフィスソフト「WPS Office」の新元号「令和」に対応した最新プログラムを発表した。4月中旬以降に公開する予定。

 今回発表した最新プログラムは、2019年5月1日から施行される新元号「令和」表記をサポートするもの。施行前にアップデートすると、和暦で記載する書類や資料の新元号移行に対応できるという。WPS Officeユーザーであれば無料でアップデートできるとのこと。アップデート方法についてはこちらから。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン