このページの本文へ

LIXILでクーデター、解任された前CEOが創業家に反旗の「勝算」

文● ダイヤモンド編集部,大矢博之(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
CEO復帰を目指して記者会見するLIXILグループの瀬戸欣哉・前CEO(右)と、川本隆一取締役
CEO復帰を目指して記者会見するLIXILグループの瀬戸欣哉・前CEO(右)と、川本隆一取締役 Photo by Hiroyuki Oya

2代続けてプロ経営者を“追放”したLIXILグループで、クーデターの勃発だ。2018年10月に退任した瀬戸欣哉・前CEOが、6月の株主総会で自らがCEOに復帰する株主提案をすることを表明したのだ。旧INAX創業家もこの動きに賛同。瀬戸氏に代わってトップに返り咲いた創業家の潮田洋一郎会長兼CEOとの委任状争奪戦に発展しそうだ。 (ダイヤモンド編集部副編集長 大矢博之)

「青天の霹靂で、突然でした。潮田(洋一郎)さんから電話がかかってきて『辞めてほしい』と(伝えられた)」

 4日5日、東京都内で急遽開催された記者会見。LIXILグループ前CEO(最高経営責任者)で現取締役の瀬戸欣哉氏が語り出したのは、2018年10月の不可解な退任の舞台裏だった。

 瀬戸氏によれば、潮田氏から電話があったのは昨年10月27日の土曜日、出張先のイタリアで朝食を取っていたときのことだった。「指名委員会で集まった。指名委員会の総意で、辞めてほしい」と潮田氏から伝えられ、「指名委員会が『辞めろ』と言っている。これは抵抗できないな、なんでこんなことになったんだろう」とショックを受けたという。

「11月1日にいきなりトップが交代すると、会社が混乱することは目に見えている。きちんと議論して、仮に交代するとしても交代の道筋を作りましょう」とこの電話に応じたという瀬戸氏。だが、数時間後、「これは機関決定なので変えることはできない」と潮田氏からメールが届いた。

「瀬戸氏が辞意」
食い違う指名委への説明

Photo by Hiroyuki Oya

 納得できなかった瀬戸氏は、自身の交代人事案が諮られた10月31日の取締役会で、「大きな混乱が予想される」と最後まで反対したという。だが潮田氏が会長兼CEOに、当時社外取締役の山梨広一氏が社長に就く人事案が取締役会で承認された。

 その後しばらく経った後、瀬戸氏は驚愕の事実を知る。10月26日に開催された指名委員会で、「瀬戸氏が辞意を持っているので、交代しないといけない」と潮田氏から委員に伝えられていたというのだ。

 退任は瀬戸氏の意向であり、後任を選ぶ必要があるため潮田-山梨体制という人事案を指名委が承認したという一連の経緯について、「皆が辞めろというならば、私は辞めなければいけないという理屈は成り立つが、(こうした事情ならば)納得がいかない。(後任に)潮田さんと山梨さんを選ばれたプロセスがそもそもおかしい」と瀬戸氏は強調。また、自身が辞意を漏らしたとされることについて、「私の欠点は言葉が軽いこと。『こんなのやってられるか』と言ったことはあるかもしれないが、本当に辞めたいと話したつもりはない」と説明した。

 さらに潮田氏については、「経営はハンズオンでしかできない。日本のビジネスが7割なのに、シンガポール在住で日本に月に1回来る経営はちょっとありえない」と、経営者としての資質を批判した。

「CEOは瀬戸氏以外にない」
INAX創業家も支援

 瀬戸氏の心強い援軍は、01年にLIXILへと経営統合した旧INAXの創業家であり、現LIXIL取締役の伊奈啓一郎氏である。会見には出席しなかったが、「瀬戸CEOから潮田CEOへの突然の交代に始まる会社のガバナンス問題について、私はこれを正すべく、海外の機関投資家と臨時株主総会の開催を共同請求した。現時点で会社の将来を託すに足るCEOは、瀬戸氏以外にはない」との声明を発表した。

 LIXILの一連のガバナンス問題をめぐり、海外の機関投資家の一部は、潮田氏の解任に賛同することを既に表明している。LIXILの株主構成は外国人投資家が38.1%、金融機関が28.5%で、潮田氏の株式の保有比率は約3%しかない。

 株主総会での提案よりも先に、まずは自らの提案を指名委に検討してもらいたいという瀬戸氏。指名委で拒否された場合に株主総会で提案するという流れになるが、「(株主に賛同してもらえる)自信は大いにある」と力を込めた。絶対的な権力を持ち続けLIXILを支配してきた潮田家が、いよいよ瀬戸際に追い込まれている。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ