このページの本文へ

Wi-Fi経由、クラウドベースの音声翻訳機

15ヵ国対応「音声翻訳機TL01」は2023年11月30日まで利用可能

2019年04月04日 16時20分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「音声翻訳機TL01」

 マウスコンピューターは4月4日、販売中の「音声翻訳機TL01」の利用期限を発表した。2023年11月30日まで利用できる。

 音声翻訳機TL01はWi-Fiに接続して使用し、クラウドベースの翻訳エンジンを用いるポータブル音声翻訳機。香蕉出行(北京)科技有限公司が提供するMoYu専用クラウドサーバーを経由してMicrosoft Azure Cognitive Serviceを使用することで翻訳を行なっているため、クラウドサービスについては2023年11月30日までの提供となるという。

 それ以降のサービスに関しては終了または変更の3ヵ月前にウェブサイトで発表するとのこと。

カテゴリートップへ