このページの本文へ

Razer「Basilisk Essential」

FPSに最適な機能を備えるRazerの新型マウス

2019年04月03日 23時14分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Razerから、マルチファンクションパドルを搭載するゲーミングマウス「Basilisk Essential」が発売中だ。

マルチファンクションパドルを搭載するゲーミングマウス「Basilisk Essential」

 マウス感度を一時的に変更できるマルチファンクションパドルを左側面に備えるゲーミングマウスの新モデル。FPSのスナイプの際にパドルを押している間だけDPIが下がり離すと元に戻るといった機能や、攻撃や回復のためのクイック長押し機能などが利用できる。また、トランシーバーのように押しながら話せる機能のプッシュ・トゥ・トークも備える。

有線タイプながら重量95gと軽め。価格もRazer製マウスとしては安めの設定だ

 センサーは、True 6400DPIオプティカルセンサーを搭載。ボタン数は計7個で最大トラッキング速度220IPS、最大加速度30(G)、最大USBレポートレート1000Hz。サイズは124(D)×75(W)×43(H)mm、重量95g、ケーブル長は2.1m。

マルチファンクションパドル用のラバー製カバーが付属し、未使用時はフタができる

 価格は6298円。パソコンショップアーク、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中