このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

極小ビキニはパズル状態! 「ズレたらヤバイ」青山ひかるの最新DVD

2019年03月25日 19時00分更新

文● 清水

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 グラビアやバラエティー番組で大活躍の青山ひかるさんが、18th DVD「Lovely Blue」(発売元:ラインコミュニケーショズ、収録時間:115分、価格:4104円)の発売記念イベントを3月21日、ソフマップAKIBA 4号店 アミューズメント館で開催した。

 もうすぐ公開される「映画版 ふたりエッチ」で、主役の小野田優良を演じることでも話題に。各誌のグラビアでよく見かけると思うのだが、ソロのDVDリリースイベントは約10ヶ月ぶり。秋にグアムで撮影されたという、最新映像について聞いていこう。

――今作はどんな設定ですか?

【青山ひかる】 新婚旅行みたいなイメージで、(視聴者と)一緒にグアムへ行くんです。白い帽子と、全身白の衣装がウエディング的なものになっています。でも、指輪はつけてません(笑)。

――それ以外のシーンは?

【青山ひかる】 青いビキニでビーチを走ったり、部屋でマッサージされたり。掃除をしているところもあって、エプロンから胸が見えそうになってます。

――DVDジャケットになっている赤いビキニも、露出がギリギリですね。

【青山ひかる】 ズレたらヤバイことになりますよね。着るのが複雑で、パズル状態になってました。これでプールに入って泳ぐのですが、水圧で外れて何度も取り直し。大変でした。

――「劇場版 ふたりエッチ」についても聞かせてください。

【青山ひかる】 森下悠里さんが(2011年に)やっていた役。すごいプレッシャーだったのですが、自分なりに健康的で健全なエロさを出しつつ、みなさんをドキドキさせたいと思います。

 「映画版 ふたりエッチ~ラブ・アゲイン~」が4月12日から、「映画版 ふたりエッチ~ダブル・ラブ~」が5月10日からの公開となっている。さらに、4月3日から舞台「水平線の歩き方」の公演もスタート。JR大塚駅近くの「萬劇場」にて。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ