このページの本文へ

新たに心拍センサーやGPSを装備

ケイト・スペード ニューヨークより新作タッチスクリーンスマートウォッチ「Scallop Smartwatch 2」登場

2019年03月22日 13時55分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「KST2008」

 フォッシルジャパンは3月20日、ケイト・スペード ニューヨークのブランドより新作タッチスクリーンスマートウォッチ「Scallop Smartwatch 2」を発売した。

 人気の既存モデルScallop Smartwatchに心拍センサーやGPSトラッキングなどの新機能を搭載した新作で、すでに先行販売が行なわれていた。ブランドイメージの"optimistic femininity(前向きな女性らしさ)”にフォーカスするとともにケイト・スペードによるものだと一目でわかるアイコニックなデザインを配している。

「KST2009」「KST2010」

 カラフルなアニメーションのダイヤによるメールや着信、 SNS、天気などの通知を表示するエフェクトなどスマートウォッチの楽しさが取り入れられており、独自のファッションカスタマイゼーションアプリ“choose your look”も搭載。

 OSはWear OS by Googleを搭載。心拍センサーはGoogle Fitやサードパーティーのトレーニングアプリと連携でき、GPS機能はスマホなしで位置情報や移動距離のログを取得、Googleアシスタントが利用できる。また、支払機能も搭載しているが現在のところ日本未対応。水泳にも対応する防水機能を備える。価格は4万5360円から。

カテゴリートップへ