このページの本文へ

ピクセラが7万円切りのAndroid TV搭載4Kテレビを発売

2019年03月22日 11時00分更新

文● 南田ゴウ/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ピクセラが7万円切りのAndroid TV搭載
40型4Kスマートテレビを発売 50型も8万円切り

 ピクセラは3月22日、Android TVを搭載する4Kチューナー内蔵スマートテレビ「PIX-40VM100」(40型、税込6万9800円)と、「PIX-50VM100」(50型、7万9800円)の予約販売を開始する。発売予定は4月1日。また、3月31日23時59分まで発売キャンペーンを開催。各100台限定でそれぞれ税込4万7800円、5万7800円で予約販売する。

「PIX-40VM100」

 PIX-40VM100はAndroid TVを搭載する40型の4Kスマートテレビ。外付けストレージへの録画に対応しており、新4K衛星放送対応チューナーを2基と3波チューナーの3チューナーを内蔵。4K放送裏録画に対応する。50型のPIX-50VM100も画面サイズ以外の仕様はほぼ同様だ。

右側面リモコン

 Android TV搭載によりYouTubeやAbemaTVなどのネット動画や音楽、ゲームを楽しめるほか、Google Playストアからアプリをダウンロードして利用できる。また、Googleアシスタントの音声入力にも対応。Chromecast built-inでスマホ画面の配信も行え、映像・音声面では4K HDRとDolby ATMOS(パススルー出力)に対応する。

 スピーカー出力は10W+10Wで、OSは出荷時にAndroid 8.0(Oreo)搭載となるが、後日Android 9にアップデートされるとのこと。なお、製品にはU-NEXT内で配信されている映画やドラマ、アニメなどの作品を視聴できるプレミアムチケット(2000円相当)が同梱される。

「PIX-50VM100」

 製品説明会には執行役員ソフトウェア開発部門部門長の谷山浩氏が登壇。「ピクセラは2007年に、現在のスマートテレビのような機能を実現するマルチファンクションTVをCEATEC JAPANに出展した。ただし、マルチファンクションの実現には非常に苦労し、残念ながら製品化できなかった」と語る。

 この開発経験が同社がもつ大きなソフトウェア資産、ハードウェア資産につながり、「ソフトを凝縮した1枚基板でソフトで4K放送を実現できた」(谷山氏)とコメント。なお、液晶テレビ分野においてGoogleと開発ライセンス契約を提携・販売しているのは、ピクセラを含めて日本で3社(他2社はソニーとシャープ)とのこと。谷山氏は「ピクセラのテレビはスマートホームの核になる」と今後の展望を語った。

番組のリアルタイム視聴者数ランキング機能を搭載
  PIX-40VM100 PIX-50VM100
メーカー ピクセラ
希望小売価格(税込) 6万9800円 7万9800円
地上デジタル
チューナー
3
BS/110度CS
デジタルチューナー
3(2系統はBS/110度CS 4Kと共通)
BS/110度CS
4Kチューナー
2
パネルサイズ 40V 50V
パネル方式 VA
画素数 3840×2160
コントラスト比 4000:1(TYP)
視野角 上下178度、左右178度
外形寸法
(スタンド含む)
約916×204.8×586.6mm 約1126.8×249.9×711.4mm
重量
(スタンド含む)
約7.8kg 約12.1kg
消費電力 110W 140W
出力端子 光デジタル音声、ステレオミニジャック
入力端子 アンテナ端子×2、HDMI×2(1系統はARC対応)、
USB2.0×2(1基はサービスマン専用)、LAN(1000BASE-T)
スピーカー 10W+10W
OS Android 8.0
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac
HDR HDR-10、HLG
ローカルディミング ×
オーディオ Dolby ATMOS(HDMIパススルー出力)
録画機能 ○(要USB HDD)
壁掛け対応 VESA 200×200mm
M6×4ネジ
VESA 400×200mm
M6×10ネジ
出荷開始日 4月1日(月)

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン