このページの本文へ

枝にとまってパワーセーブ、イェール大がコウモリ型ドローンを開発

2019年03月19日 10時55分更新

文● Erin Winick

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

まるでコウモリのように木の枝を掴んで一時停止できるドローンをイェール大学の研究者チームが開発した。グリッパーを装備しており、ドローンを高い位置に待機させた長時間の観測などが可能になるという。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ