このページの本文へ

野村HD、まさかの社長続投で後継者レースに変化

文● 週刊ダイヤモンド編集部,松本裕樹(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
野村ホールディングスの永井浩二社長社長在任期間で田淵節也氏を超えた永井社長。今年度の最終赤字転落が確実視される中、果たして業績を回復させられるか
Photo by Kazutoshi Sumitomo

「何も変わらないことに驚いた」(野村ホールディングス関係者)

 3月5日、野村ホールディングスは来年度の役員人事を発表した。かねてささやかれていた永井浩二社長をはじめとした首脳陣の交代はなく、大半が続投となった。これにより永井氏は、2020年3月末までは社長となることがほぼ確定。かつて野村證券を利益日本一にした「大田淵」こと田淵節也氏の在任期間(7年2ヵ月)を抜く7年7ヵ月となり、過去40年で最長期間の社長となる。

 今年度の第3四半期決算では、07年に買収した電子取引会社の米インスティネットや、08年に買収した米リーマン・ブラザーズの欧州とアジア事業関連などで約800億円の減損損失を計上し、1000億円超の最終赤字に転落。期中に発表した多額の減損処理に、業界内では「(一気に前倒しで損失処理する)ビッグバス方式で負の遺産を処理し、社長交代を発表するのではないか」(証券関係者)との声も上がっていた。

 しかし今年4月に構造改革計画を発表することや、長期経営ビジョンの最終年度が来年度であることなどから、指名委員会(委員長は古賀信行会長)は永井氏の続投を決めたとみられる。

奥田氏が一歩リード

「目玉がない」(野村ホールディングス)という今回の役員人事だが、次期トップに向けた兆しはある。

 最も注目すべきは奥田健太郎氏(1987年入社)と森田敏夫氏(85年入社)という2人の執行役グループCo-COOの処遇だ。

 18年4月に同ポストが新設され、次期社長候補として競い合ってきた。だが、今回、奥田氏は米州地域ヘッドを解かれて国内に戻るとともに、執行役から執行役副社長に昇格。森田氏を一歩リードすることになった。

 社長レースの最右翼は奥田、森田の両氏とみられるが、サプライズもあり得る。その一人が新井聡氏(88年入社)だ。かつて社長候補の一人ともいわれたが、奥田、森田両氏がグループCo-COOになり、社長レースから脱落したともみられた。だが、今回、新井氏が営業部門長に就任。不振の営業部門の立て直しにめどを付けられれば、次期社長の可能性もある。

 そして、もう一つの注目点が女性の積極登用だ。新井氏と同期の中川順子氏が野村アセットマネジメント(NAM)専務から社長に昇格。NAM初の女性社長となった。一般職で入社して総合職に転換するも夫の海外赴任に伴い退職。その後、再び野村グループ企業に入社という異色の経歴の人物で、昨春に野村信託銀行社長から野村證券専務に異動した鳥海智絵氏(89年入社)とともに、社長候補になりつつある。

 いずれにせよ、永井体制が終盤を迎える中、野村再建の立役者が次期社長レースの勝者となる。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 松本裕樹)


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ