このページの本文へ

穴あき画面のGalaxyのミドルハイスマホ「Galaxy A8s」が登場

2019年03月16日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 カメラレンズ部分のみをくり抜いたような、ベゼルレス仕様のディスプレーを搭載したサムスン電子のスマートフォン「Galaxy A8s」が店頭に登場。イオシス アキバ中央通店などのイオシス各店にて5万2800円で販売中だ。

いわゆる“パンチホール”スタイルのディスプレーを搭載した、サムスンの最新ベゼルレススマホ。奇抜なカラーを含め、2色が入荷した

 Galaxy A8sは、インカメラ以外のほぼすべてをディスプレーとした“穴あき画面”仕様の「Infinity-O Display」を搭載するスマートフォン。表示画面の拡大を追求する最新モデルにあって、ノッチやギミック以外でベゼルレスを実現するニュースタイルだ。

 Infinity-O Displayは、解像度2340×1080ドットの6.4型サイズ。プロセッサーはオクタコアのSnapdragon 710、メモリー6GB、ストレージ128GBを内蔵する、ミドルハイクラスのスペックになっている。なお、搭載OSはAndroid 8.1だ。

背面にはトリプルカメラを搭載。ミドルハイクラスのスペックを内蔵した6.4型端末だ

 強力なカメラ機能も特徴で、背面には光学2倍ズームに対応する1000万画素望遠カメラ、2400万画素/F値1.7のメインカメラ、500万画素/F値2.2の深度カメラで構成されるトリプルカメラを装備。穴あき画面側のインカメラは2400万画素だ。生体認証は、背面に指紋認証センサーを備えている。

 入荷したのはnanoSIM×2のデュアルSIM仕様で、ネットワークはLTEバンド1/3/4/5/7/8/12/17/34/38/39/40/41などに対応している。

デュアルSIM仕様の海外SIMフリーモデル。コネクターはType-Cで、イヤホンジャックは搭載していない

 ピンクブルーとブラックの2色が入荷したが、ブラックは完売していた。


【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン