このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

アスキー・ジャンク部リターンズ第257回

好きです 台湾ラーメン……! よくわからなかったけど……!:

ファミマ限定「味仙 台湾ラーメン」辛くて甘い未知の一杯

2019年03月12日 16時30分更新

文● モーダル小嶋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「味仙 台湾ラーメン」
ファミリーマート(製造:日清食品)
278円
http://www.family.co.jp/goods/processed_foods/3813485.html

名古屋めしの人気カップ麺が復活

 「名古屋めし」といえば愛知県名古屋の名物料理・グルメを指す言葉で、多種多様なのですが、基本的に味付けが濃いのが特徴といえましょうか。

 近年では、世界の山ちゃん、矢場とん、山本屋総本家、コメダ珈琲店などが関東へ進出したことや、2005年の「愛・地球博」の影響、B級グルメの人気の高まりなどもあり、全国でも知られるものが多くなりました。

 その一つが「台湾ラーメン」。豚ひき肉、ニラ、長ねぎ、モヤシなどを唐辛子で味付けして炒めた具材、醤油ベースのスープが特徴です。1970年代、名古屋市にある台湾料理店「味仙」の店主である郭明優さんが、台南名物の担仔麺(タンツーメン、小ぶりの汁入り麺料理。一般的に辛くはない)をもとにまかない料理として作ったのが起源とされます。つまり、台湾料理ではありません。

 ちなみに台湾では、台湾ラーメンは「名古屋拉麺」と呼ばれています。ちょっとややこしいですね……。

 そんな台湾ラーメンをカップ麺に仕上げたのが、ファミリーマート「味仙 台湾ラーメン」です。3月5日から発売中の、ファミリーマート限定商品で、数量限定。278円。

「本場の名店」シリーズ。唐辛子とニンニクの風味をアピール

 その名の通り、台湾ラーメン発祥店の味仙が監修したカップ麺。唐辛子とニンニクの風味がきいた辛さと旨みがクセになる一杯とのこと。液体スープを使用することで、本格的な味わいに仕上げたスープが特徴だそう。これまでに何度も発売されていましたが、容器がタテ型から丼型になりました。

417kcalとヘルシー(ほんとうか?)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!