このページの本文へ

ASUS「ROG RAMPAGE VI EXTREME OMEGA」

9万円オーバーの18コア対応マザーボード

2019年03月02日 23時32分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSから、Intel X299チップセットを搭載したLGA 2066対応マザーボード「ROG RAMPAGE VI EXTREME OMEGA」が発売された。ROGシリーズに属するハイエンドモデルで価格は9万504円だ。

Intel X299チップセットを搭載したLGA 2066対応マザーボード「ROG RAMPAGE VI EXTREME OMEGA」。価格は9万円を越える

 オンボードインターフェースや各種ギミック満載のハイエンドマザーボード。オーバクロック時の動作を安定させるため「8+8ピン」のCPU電源コネクターを装備。基板上の拡張スロットを覆うROGアーマーのほか、裏面にはVRMからの熱を吸い上げるために1枚、追加のRGBライティングのために1枚の計2枚のバックプレートを備える。

18コア/36スレッドの「Core i9-9980XE」もサポート。「8+8ピン」のCPU電源コネクターを装備する

 そのほか、チップセットやI/Oカバー、アルミニウムヒートシンクを搭載。VRM周りの冷却にはヒートシンク内に60度を超えると動作する2基のファンを内蔵。500Wを超える持続的な電力消費を処理できるという。

 また、ASUSのハイエンドマザーではおなじみ、2基のNVMe M.2 SSDが搭載できるメモリースロットと同形状の独自スロットを採用した「ROG DIMM.2拡張カード」が同梱。基板上のスロットと合わせて最大4基のNVMe M.2 SSDが利用できる。

発熱対策としてVRM周りのヒートシンクはヒートパイプと2基のファンを使って冷却する

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×3、PCI Express(3.0) x4×1。メモリーは、DDR4 DIMM×8(DDR4-4266+(OC)/4133(OC)/4000(OC)/3866(OC)/3800(OC)/3733(OC)/3600(OC)/3466(OC)/3400(OC)/3333(OC)/3300(OC)/3200(OC)/3000(OC)/2933(OC)/2800(OC)/2666/2400/2133、最大128GB)という構成。

基板裏面も重装備。一体型のプレマウンテッドI/Oパネルもアルミ製

 オンボードインターフェースとして、最大10Gbpsの転送速度に対応するAQUANTIA 10ギガビットLAN(AQUANTIA AQC107)のほかギガビットLAN(intel I219-V)、Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n/ac+Bluetooth 5、サウンド(ROG SupremeFX S1220)、M.2×2、U.2×1、SATA3.0×6、USB 3.1×3(Type-A+Type-C)、USB 3.0×14、USB 2.0×4などを装備。

 販売しているのはパソコンショップアーク、オリオスペック、ドスパラ秋葉原本店、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中