このページの本文へ

ITPROTECH「SATA M.2(NGFF接続タイプ)SSDケース」

高速転送のUSBメモリーが作れる外付けSSDケース

2019年02月21日 22時24分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アイティプロテックから、USBフラッシュメモリーのように扱えるM.2 SSD専用外付けケース「SATA M.2(NGFF接続タイプ)SSDケース」(型番:AOK-M2SATA-U31G2U)が発売された。

USBフラッシュメモリーのように扱えるM.2 SSD専用外付けケース「SATA M.2(NGFF接続タイプ)SSDケース」

 この製品は、サイズ26(W)×110(D)×9(H)mmのコンパクトなM.2 SSD専用外付けケース。Type 2242、2260、2280タイプのM.2 SATA SSDが搭載できる。インターフェースにはUSB3.1 Gen2を採用。スライド式のUSBコネクターを備え、一般的なUSBフラッシュメモリーのように使用できるのが特徴だ。

組み込みは簡単。インターフェースはUSB 3.1 Gen2で、M.2 SATA SSDのパフォーマンスをしっかり引き出せる

 本体は削り出しのオールアルミ製筐体で、同社テストでは読み込み最大560.2MB/s、書き込み最大513.5MB/sを計測したとしている。そのほか、付属品としてドライバーやマニュアルのほか、AOSデータ社の「バックアップ特別体験版」「ファイナルデータ特別体験版」が同梱されている。

 価格は3434円。パソコンショップアーク、テクノハウス東映、東映ランドで販売中だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中