このページの本文へ

CENTURY「M.2 NVMe SSD to USB3.1 Gen.2 アルミケース 防塵耐水モデル」、「シンプルモバイル M.2 NVMe」

NVMe SSD用USB 3.1外付けアルミケースが2モデル登場

2019年02月14日 23時06分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 センチュリーから、NVMeタイプのSSDに対応した外付けケース「M.2 NVMe SSD to USB3.1 Gen.2 アルミケース 防塵耐水モデル」(型番:CAM2NVU31CBP)と「シンプルモバイル M.2 NVMe」(型番:CM2NVU31C)が発売された。

NVMeタイプのSSDに対応した外付けケース2モデルの販売がスタート。いずれも接続インターフェースはUSB 3.1 Gen2で高速転送が可能だ

「M.2 NVMe SSD to USB3.1 Gen.2 アルミケース 防塵耐水モデル」

 「M.2 NVMe SSD to USB3.1 Gen.2 アルミケース 防塵耐水モデル」は、IP67規格に対応した防塵耐水性能を備えた製品。熱伝導シートとアルミボディーを採用し放熱性能に優れるのも特徴で、約-20度の放熱性能を実現するという。

IP67規格に対応した防塵耐水性能を備える「M.2 NVMe SSD to USB3.1 Gen.2 アルミケース 防塵耐水モデル」

 対応SSDは22mm幅のM.2 NVMe(NGFF M-Key)タイプ。接続インターフェースはUSB 3.1 Gen2で、サイズ116(W)× 12.5(H)×65(D)mmの本体は、伸縮性がある専用のシリコンバンパーを備える。対応OSはWindows 10/8.1/7、Mac OS 10.14.2/10.13.6/10.12.6。価格は7800円(税抜)。パソコンショップアーク、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

「シンプルモバイル M.2 NVMe」

 「シンプルモバイル M.2 NVMe」は、22mm幅のM.2 NVMe(NGFF M-Key)タイプが搭載可能な外付けケース。熱伝導シートとアルミボディーを採用し、約-19度の放熱性能を実現。接続インターフェースはUSB 3.1 Gen2で、サイズ110.5(W)×14(H)×50(D)mmとコンパクトな点が特徴だ。

コンパクトサイズがうりの「シンプルモバイル M.2 NVMe」

 対応OSはWindows 10/8.1/7、Mac OS 10.14.2/10.13.6/10.12.6。価格は6280円(税抜)。パソコンショップアーク、テクノハウス東映、東映ランド、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中