このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

サーキットで人気のハーフ美女・藤井マリー、1st DVDでイケナイことをしちゃいました!

2019年02月19日 20時00分更新

文● 清水

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スーパーフォーミュラの「2018 SUNOCOイメージガール」として活躍した藤井マリーさんが、1st DVD「くびれボディ」(発売元:イーネット・フロンティア、収録時間:104分、価格:4104円)の発売記念イベントを2月16日、ソフマップAKIBA 4号店 アミューズメント館で開催した。

 2017年からレースクイーンとして活動している藤井さんは、父がパキスタン人のハーフ美女。キリッとした顔立ちと、大きなお尻がチャームポイントと言えるだろう。サーキットでコスチューム姿を見せることはあっても、水着になるのはほぼ初めて。ロケは夏に沖縄で行なわれたとのことだ。

――1st DVDの紹介をお願いします。

【藤井マリー】 朝から晩まで一緒に過ごす感じです。朝起きるところから始まり、夜はハイレグの衣装を見せたりして、ちょっとイケナイこともしちゃいます。

――注目してほしいところは?

【藤井マリー】 特技のバトントワリングを披露しているところです。最初はチアリーディングのような格好なのですが、白い運動着に着替えて元気にやっています。

――色っぽくできたと思うのは?

【藤井マリー】 ベッドの上での、赤いランジェリーを着たシーン。自分で観て「こんな表情もできるんだな」と思いました。

――水着になるのがほぼ初めてなら、やはり撮影は苦労しました?

【藤井マリー】 露出の多い水着とか、お風呂で撮ったりするのも初めて。最初は「布の面積が少ないな……」と思っていたのですが、慣れました(笑)。

 2019年もレースクイーンとして活動していく予定だが、イメージDVDでの活躍も期待したいところ。2月23日には、所属事務所主催の撮影会に参加する。詳細は事務所の告知ページで確認してほしい。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ