このページの本文へ

苦境の三陽商会がこっそり発表した「微妙な人事案」の中身

文● 週刊ダイヤモンド編集部,岡田 悟(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
三陽商会の決算短信
Photo by Satoru Okada

創業者の娘婿で社長、会長を歴任した相談役が、代表権のない会長に復帰――。そんな人事を決算短信の最末尾に記載し、現社長からは質問が出るまで説明もなく……。業績不振に陥っているアパレル大手・三陽商会は、今期の黒字化を高らかに宣言しながら、微妙な人事案を、なんとも“控えめに”発表した。(週刊ダイヤモンド編集部 記者 岡田 悟)

 看板ブランドだった英バーバリーを失い、業績不振に陥っているアパレル大手・三陽商会。2月14日に発表した2018年12月期通期決算業績は、21億円の営業赤字、8億円の当期純損失だった。そんな中、創業者の娘婿で相談役の中瀬雅通氏が、代表権のない会長に復帰する人事を、こっそり発表したのだった。

 都内で開いた決算発表記者会見に出席した、岩田功社長や大村靖稔常務執行役員経理財務本部長、慎政宗執行役員経営統括本部副本部長からの自主的な説明は一切なし。

 決算関連の資料と一緒に配られた、社長だけでなく会長も取締役会を招集し議長となれるよう定款を変更するとのリリースについて、本誌記者がその目的を質問したところ、岩田社長が「決算短信の一番後ろのページに、役員の異動ということが記載されていると思いますが」と半ば打ち明けるように説明し始めたのだった。

 もし質問がなければ、説明するつもりはなかったのか。岩田社長は「記者のみなさんが見られるように記載していた」と話す。確かに公表資料に記載はある。記者も当然、目を通しておくべきものだ。

 ただしそれは、岩田社長が話したように決算短信の最末尾のページに小さく書かれているだけである。岩田社長らによる18年12月期の業績や今後の戦略についての説明は、これとは別の決算説明資料に沿って行われた。通常、記者や投資家が決算短信を読むときにまず目を通すのは、業績や貸借対照表、損益計算書などであろうから、三陽商会が積極的に、中瀬氏の会長復帰をアナウンスしようとしていたとは到底言い難い。

若年層を取り込む新戦略で
69歳の中瀬氏が担う役割は?

岩田社長決算発表記者会見の岩田功社長
Photo by Satoru Okada

 そもそも中瀬氏は、1993年に社長、2000年に会長となったが、13年に希望退職者の募集を実施し「雇用を守れなかった経営責任を示す」として引責辞任した人物。代表権はないにせよ再び会長とする人事について、岩田社長は経営の監督と執行の分離という狙いを挙げた上で、「ご批判、ご意見はあろうが、われわれは緊急時だと認識している。危機を打開するために、使える力は全部使っていく」と説明した。

 18年にも247人が希望退職に応募するなど確かに緊急時だが、中瀬氏の復帰がどれほど事業に影響するのか。アパレル業界に詳しいある関係者は「公認会計士である中瀬氏は経理などには明るいが、これから何か前向きなことができるという感じはしない」と言い切る。

 むしろ17年に退任した杉浦昌彦前社長の方が、同社が主な売り場とする百貨店に顔が利いていたといい「バーバリーなき後の三陽商会でもなんとか百貨店に売り場を確保できたのは、杉浦氏の功績」(前述の関係者)との見方がある。

 とはいえ杉浦氏については、東京・南青山に三陽商会が保有していたビルを、有罪判決を受けた人物に売却しようとしていた問題が同社の特別調査委員会によって17年に明らかになっている。これを奇貨として実質的に杉浦氏を追い出したとされる岩田社長も、今さら杉浦氏に頼るわけにはいかない。

 そんな三陽商会の現経営陣は、昨年の早期退職による人件費の削減効果や、広告宣伝の強化による売上高の増加によって、今期は営業利益の黒字化を実現すると宣言した。

 EC(電子商取引)でも、若い顧客を呼び込むために自社サイト以外のECプラットフォームでの販売を強化するとしており、話題のZOZOTOWNについては「撤退云々は、今は考えていない」(岩田社長)とのことだ。

 社内でも、各ブランドを束ねる第1~第5の各事業本部の現場リーダーに若手を抜擢するほか、秋には20代後半~30代前半の女性向けの新ブランドをスタートするとしている。中高年層に強いとされる同社のイメージを一新するというメッセージを、社内外に発信しようとしているようにみえる。

 それだけに、69歳である中瀬氏をわざわざ復帰させるなら、より積極的な説明があってもよかったのではないだろうか。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ