このページの本文へ

中国で「児童書」ブーム、背景に見える成績重視教育の変化

文● まついきみこ(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

出版される本のうち約25%が児童書といわれる中国の出版市場。児童書に求められるコンテンツは、教育の価値観とともに変化していると、中国初の国際アンデルセン賞作家・曹文軒氏と国際児童図書評議会(IBBY)会長の張明舟氏は来日時のインタビューで語った。中国の巨大な児童書市場は、一体子どもたちをどこに導こうとしているのだろうか。

中国の出版市場は
児童書が牽引している

CCBF2018で行われた曹文軒氏と角野栄子氏対談に集まった読者たち
中国上海国際児童書展(CCBF)で行われた曹文軒氏と角野栄子氏対談に集まった読者たち。成績重視教育から、子どもの能力開発や個性を伸ばす教育に軸足がシフトしつつある

 人口の多さによる競争社会や一人っ子に対する親の期待と、子どもの教育にかける親の情熱は日本以上といわれる中国。そして、経済成長で懐に余裕の出てきた中国では、教育に不可欠なものとして、親の児童書への関心も高まっている。

 それを実感するのが、2013年から上海で毎年開催されている「中国上海国際児童書展(CCBF)」だ。0~16歳の子どもに向けた本やデジタルコンテンツの版権取引と一般向け書籍販売を行う展示会で、年々その規模を拡大している。

 2018年の第6回は11月9日から11日の3日間で、出版関係者と一般来場者合わせて約3万4000人の来場者を記録し、第1回目の2万人から1.7倍に増加した。

 特に目立つのが会場で割引される本を買い求める一般来場者だ。訪れた会場では何十冊も本をカゴに入れ、レジで数万円支払う親の姿も多い。

 また同展会場では海外からの出版関係者を対象にしたセミナー「驚きのシナリオで広がる中国の児童書出版市場」が開催された。「出版物および出版業界の概観2017」にまとめられたデータから、中国における児童書市場はこの10年間で急速に拡大し、書籍市場全体に占める割合は12.07%から24.6%とほぼ倍増、児童書は中国で最も期待される書籍販売の推進力となるだろうと報告された。

 そして、これからの児童書は学習教材的な要素よりも、子どもの能力開発に役立つ個性を伸ばすようなものが求められ、信頼できる出版社やブランド、作家といった本の付加価値が重視されるようになるだろうと、教育に対する価値観の変化も予測していた。

成績ではなく子どもの
個性を伸ばす教育へ

 中国の児童出版界を牽引する児童文学作家、曹文軒氏が2019年1月18日から21日にかけて、国立国会図書館国際子ども図書館の招へいで来日。1月20日に講演会「中国の児童文学者 曹文軒―私の人生、私の文学」が同館で催された。

 この時、中国の児童書の歴史解説を行った大阪教育大学の成實朋子教授は、中国の書籍市場約1兆4000億円のうち25%にあたる約3500億円が児童書というデータ(文化通信2018.2.13ネットニュース)から、教育投資としての児童書市場への期待の大きさを示した。

 曹氏は講演で自身の作品についての他、印象に残っている日本の児童書のひとつに『窓ぎわのトットちゃん』を挙げた。その理由に「この本の真の主人公はトットちゃんではなく『教育』、この本には子どもの教育の本質が描かれているのです」と語った。

 この『窓ぎわのトットちゃん』は黒柳徹子の個性あふれる子ども時代を、彼女の個性を伸ばす教育で対応した学校と先生との関係を中心に描かれた作品。中国では2003年に発売され、現在1000万部のヒット作になっている。

来日時にIBBYの日本支部(JBBY)を訪問した張氏(左)と曹氏(右)

 曹氏と同日程で来日していた国際児童図書評議会(IBBY)会長の張明舟氏は「『窓ぎわのトットちゃん』のヒットには、中国の子どもの教育に対する変化が読み取れる」と、講演後に曽氏と一緒にインタビューに答えてくれた。

 張氏は、児童書の国際見本市の老舗である「ボローニャ・チルドレンズ・ブックフェア」とマッチングさせたCCBFの開催で中国の児童書文化を国際的なステージへ押し上げた立役者でもあり、また2018年から中国で初めてのIBBY会長に就任した人物である。

 IBBYは小さなノーベル賞と呼ばれる子どもの本の国際賞「国際アンデルセン賞」を主催するスイスが本部の団体で、近年日本からは上橋菜穂子氏(2014年)と角野栄子氏(2018年)が作家賞を受賞し話題になった。

 そんなグローバルな児童書の世界を知る張氏は、中国の教育に対する考え方の変化が児童書市場の拡大につながっているという。「子どもの教育で学力に重点が置かれる傾向は否めないが、試験の点数アップだけでなく、もっと多方面で子どもの能力を引き出す能力開発に注力する親が増えている。児童書が表現力や多文化理解を深め、子どもの情操教育にも役立つことへの理解が中国の保護者の間で広がっており、個性豊かな海外の作品や作家への興味が強くなっている。そのため、ボローニャ・チルドレンズ・ブックフェアと連携したCCBFの存在感が中国で増していった」とCCBFの成功の舞台裏を語る。

子どもの理想の教育を
リードする出版社

 そんな張氏のコメントを裏付けるように、中国では翻訳出版が好調だ。CCBFでも、国内だけでなく海外の大手から中小までのさまざまな出版社がブースを連ね、外国の作家のサイン会やイベントには長い列ができていた。また、ポプラ社の中国法人、北京蒲蒲蘭文化発展有限公司が出展するブースのにぎわいぶりからは、日本の児童書の人気がうかがえた。

 中国の政府と出版業界は、中国の作家育成に力を入れるため支援しているというが、依然として中国語に翻訳された外国の本に中国の児童書市場が依存している状況が続いている。

 曹氏は「児童文学の分野で中国の作家が、未熟であることは否めません。しかし、素晴らしい海外の作家から学ぶことはできます。私は、中国と海外で活躍する作家とのコラボレーションによる作品作りで、中国の児童文学界を刺激するという張氏の考えを聞き共感しています。若い作家の成長に期待しなければいけません」と述べ、自らもブラジルの国際アンデルセン賞受賞画家ホジェル・メロ氏との共作など、海外の作家との作品を多数発表している。

 曹氏のような1タイトルが毎年100万部以上売れるような本を何冊も書き、世界8ヵ国以上で翻訳本が出ている作家が、新しい試みを積極的に行う姿勢に中国の児童書出版の頼もしさを感じずにはいられない。

 中国の出版社は基本的に国営で、検閲や、「あれ?この文章変わってない?」というような通称「中国マジック」といわれる規制があったりと、時に残念な出版大国として語られることはあるが、一方で斬新なアイデアや実験的な試みがあふれる児童書の多さに驚かされたりする。

 それは、想像力がないと生き残れない時代に、中国が理想とする教育を、子どもに本を手渡す出版業界がリードする挑戦でもある。中国の児童書出版が活気にあふれているのは市場の大きさだけではなく、出版社の志かもしれない。

(まついきみこ@子どもの本と教育環境ジャーナリスト/5時から作家塾(R))


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ