このページの本文へ

新日本プロレスが世界で大人気!暗黒時代を経て復活できた理由

文● 岡田光雄(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

プロレスは戦後、アメリカから日本に伝わったエンターテインメントだが、いまアメリカでは「新日本プロレス」が人気だという。これまでグレートムタやTAJIRI、中邑真輔など、海外で成功を収めた日本のレスラーは多くいたが、日本のプロレス団体そのものが映像コンテンツとして話題になったのは初めてのことだろう。人気の理由についてプロレス評論家の斎藤文彦氏に聞いた。(清談社 岡田光雄)

観客の6分の1が海外のファン
アジアからはプロレス巡礼も

暗黒期を経て人気が復活してきた新日本プロレス
2000年代初頭の暗黒期を経て復活し、今や国内のみならず海外のファンも増えている新日本プロレス。プロレス観戦に言葉の壁はないようだ 写真:日刊スポーツ/アフロ

“プロレスラーってガチの格闘家相手だと弱いんだな”
“アマチュアのレスリング選手のほうが断然強いでしょ”
“プロレスなんて結局、全部八百長だろ”

 2000年代初頭、新日本プロレスは暗黒期だった。当時、PRIDEやK-1などの格闘技が盛り上がりを見せる中、総合格闘技のリングに上がったプロレスラーたちがことごとく惨敗。それ以降、20世紀のプロレスの最強神話は崩れ、業界の雄だった新日本プロレスも観客数が激減した。

 その後、創業者のアントニオ猪木が保有していた新日本プロレスの株式は、2005年にゲーム会社のユークス、12年にはカードゲーム会社のブシロードに売却される。ここでさまざまな改革(会計や広告宣伝の見直しなど)が断行され、棚橋弘至、中邑真輔、オカダ・カズチカといった新しい世代のスーパースターの出現もあり、徐々に経営は再建されていった。

 こうした理由によって、新日本プロレスの2018年7月期の売上高は約50億円と過去最高を記録。年間の観客動員数は40万人以上に上り、近年は、海外のプロレスファンも新日本プロレスに高い関心を示しているのだ。

「今年1月4日に開催された新日本プロレスの東京ドーム大会(毎年開催)は、3万8000人の観客のうち6000人ほどが外国からのツアー客でした。一番多いのはアメリカでしょうが、私の後ろの席ではロシア語が聞こえていました。その他にもオーストラリア、イギリス、イタリア、ブラジル、中にはモロッコから来たという熱狂的なファンも。あるいは、香港、シンガポール、台湾などアジア圏からのファンも大勢いました」(斎藤文彦氏、以下同)

 斎藤氏によれば、主にアジアのプロレスファンの間では、年末年始に日本にプロレスを見に行くことがカルチャーになりつつあるという。

有料会員数は10万人
新日がWWEの対抗馬に

「毎年、12月27日~1月4日までの期間は、日本のあらゆるプロレス団体の試合を見ることができます。たとえば新日本、全日本、ノア、大日本、DDT、ドラゴンゲート、ゼロワン、あるいは女子プロなども。試合がない時間には、キラー・カーンの『居酒屋カンちゃん』やブル中野のバー『中野のぶるちゃん』、ブルーザー・ブロディが愛した『ステーキハウス リベラ』に行ったりもできるでしょう」

 海外のプロレスファンにとって、年末年始の東京は、まさにプロレス三昧の日々を満喫できるワンダーランドなのだ。

 プロレスの本場であるアメリカでも、新日本プロレスの人気はとどまるところを知らない。

「現在、世界最大のプロレス団体はWWEですが、世界で2番目は新日本プロレスです。もちろん、アメリカ国内はWWEのモノポリー(独占)状態ですが、にもかかわらず、新日本プロレスは2019年4月、WWEのお膝元で、アメリカで最も有名なアリーナであるニューヨークの『マディソン・スクエア・ガーデン』で初めて興行を行います。2万席のチケットはすでに完売しました」

 新日本プロレスの海外での目覚ましい成功は、メディア戦略が功を奏した結果ともいえる。

 2014年、新日本プロレスはテレビ朝日と組んで動画配信サービス「NJPW WORLD」を開始(月額999円)しており、現在、有料会員数10万人のうち約半数がアメリカを含む海外からの加入者となっている。また2015年からはアメリカのケーブル局『AXS TV』チャンネル(毎週金曜、21時~)で、新日本プロレスがテレビ放送されている。

「動画もテレビも、英語版実況で『カズチカ~、タナハシ~』とアナウンスしているわけです。もちろん、新日本プロレスのリングに上がる登場人物の中には、ケニー・オメガやクリス・ジェリコ、ジュース・ロビンソンといった英語圏の選手も大勢いますが、プロレスというジャンルに言語の壁は存在しないことがいまになって証明されたのです」

アメリカでの成功のカギは
強力なメディア力

 新日本プロレスがアメリカで受け入れられたもう1つの理由は、WWEへのアンチテーゼということもあるようだ。

「昔、アメリカ全土には大きなプロレス団体が25団体ぐらいありましたが、1984年以降、WWEの“悪のオーナー”と名高いビンス・マクマホンがすべて駆逐してしまいました。しかし、アメリカのプロレスファンは、オルタナティブな存在(WWEではない選択肢)を求め、新日本プロレスの試合映像に興味を持ったのでしょう。WWEとは違い、新日本プロレスのコンテンツはドラマ作りの演出やバックステージでのスキット(幕間寸劇)などがなく、単純明快にクオリティーの高いプロレスであるという特徴があります」

 ここにきて新日本プロレスに影響を及ぼしそうな新しい動きもある。アメリカのプロレス市場に、WWEのライバルとなりうる新団体「AEW」が誕生すると発表されたのだ。AEWは、本格的にアメリカ進出を狙う新日本プロレスにとって、はたして敵味方どちらになるのか…。

「AEWの設立メンバーには、コーディ・ローデスやヤング・バックス(ジャクソン兄弟)、クリス・ジェリコなど、新日本プロレスのリングで活躍している外国出身のレスラーが名を連ねています。プロレスファンの間では、彼らと新日本プロレスの関係が切れるのではないかと危惧する声も上がっていますが、それは考えにくいでしょう。新日本プロレスのリングに上がっているということは、自分たちの試合が動画配信サービスで時間的なディレー(遅れ)なしにアメリカ全土で放送されるわけですからね。彼らにとっても、新日本プロレスが持つメディア力は強大です」

 日本国内での盛況にとどまらず、今や世界の巨大コンテンツになりつつある新日本プロレス。これからは日本のファンだけではなく世界のオーディエンスが、アントニオ猪木、藤波辰爾、長州力、武藤敬司、蝶野正洋、橋本真也、棚橋弘至、オカダ・カズチカ、内藤哲也…と代々脈々続いていくIWGPベルトのロマンに酔いしれるのかもしれない。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ