このページの本文へ

今夏にau ID、au決済、auポイントをキャリアフリーに移行

4月に「au PAY」スタート、金融持株会社を設立へ

2019年02月12日 19時00分更新

文● 南田ゴウ/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

auが4月にQRコード決済「au PAY」開始
au ID、au決済、auポイントはキャリアフリーに

 KDDIは2月12日、4月開始のQRコード決済「au PAY」に向けて、スマホ中心の決済・金融事業を強化するため中間持株会社「auフィナンシャルホールディングス」を設立した。4月1日には、じぶん銀行とKDDIフィナンシャルサービス、ウェブマネー、KDDIアセットマネジメント、KDDI Reinsuranceの5社をホールディングスの傘下に移管する。

 auフィナンシャルホールディングス傘下の5社とKDDIグループとカブドットコム証券は、2019年度中にauブランドの社名に変更予定。ウェブマネーはau PAYに、じぶん銀行は子会社化されauじぶん銀行に、カブドットコム証券はauカブコム証券となる。

中間持株会社を設立し、じぶん銀行など7社をauブランドに統一au WALLETアプリに決済・金融サービスを集約する

 「スマートマネー構想」発表会には、KDDI代表取締役社長の高橋誠氏が登壇。スマートマネー構想では「au PAY」を含むauの決済や預金、投資、保険などはau WALLETアプリに集約される予定。高橋氏は今回の決済・金融強化の目的に関して「ユーザーとの付き合いが深くなる。これがいちばん大きな目的」と語る。

au WALLETの経済圏au経済圏は2.5兆円に拡大

 高橋氏は4月から提供するQRコード決済「au PAY」に関して、約4000万IDのau IDとau WALLETの残高を紹介しつつ「我々は1000億円超えの残高をもっている」「おサイフの中にどれだけお金をためることができているかが、サービスの成否を決めると考えている」とコメント、市場では後発のQRコード決済となるau PAYの普及に関して、au経済圏の大きさを示しつつ自信を見せた。

スマートマネー構想
au PAYは楽天ペイと連携し、19年度早々にスマホ決済対応スポット100万箇所以上を目指す。また、楽天ペイとも連携au PAYは食べログとも連携

 決済・金融事業の強化に合わせて、au IDとau決済、auポイントは今夏からキャリアフリーとなる。

auサービスは今夏からキャリアフリーにau WALLETアプリがすべての決済・金融サービスの入り口となる
auはスマホ中心の金融サービスを拡充するスマホ金融グループで2021年度に取扱高6兆円を目指す

 高橋氏は「通信企業3社で、これだけ金融サービスのアセットを準備しているのは我々だけ」と語り、au WALLETのポイント制度と通信事業による顧客基盤の大きさを軸に決済事業を加速する方針。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン