このページの本文へ

日大アメフトのタックル問題、前監督らの刑事責任が問えなかった理由

文● 戸田一法(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
日大アメフト危険タックル問題は世間を騒がした
Photo:Rodrigo Reyes Marin/AFLO

日本大アメリカンフットボール部の選手による危険タックル問題で、警視庁は5日、選手にタックルを指示したとして刑事告訴されていた前監督と前コーチについて「傷害の意図を持ったタックルの指示は認められない」と判断し、東京地検立川支部に捜査結果を送付した。選手については「処分を望まない」とする意見書を付けて書類送検した。スポーツ界を巡っては昨年、指導者のパワハラなどが相次いで表面化したが、この問題が最も注目されたと言っていいだろう。日大の第三者委員会や関東学生アメリカンフットボール連盟は監督らの指示を認定したのに、なぜ警視庁は違法行為がなかったと判断したのだろうか。(事件ジャーナリスト 戸田一法)

不信招いた日大の対応

 この問題を巡っては、日大が2016年に危機管理学部を設立していたにもかかわらず危機管理がまったくダメダメで、最たるものとして日大の記者会見を仕切った司会者が火に油を注ぐような対応をしたり、別の記者会見では「江戸っ子お婆ちゃん」が乱入したりと、深刻な問題なのにもかかわらずツッコミどころ満載だった。

 こうした問題は割愛して、事件から時間が経っているので経緯をおさらいし、刑事処分に関わる部分について整理しておこう。

 危険タックルは2018年5月6日、東京都調布市で行われた日大フェニックスと関西学院大ファイターズとの定期戦で起きた。日大のディフェンスラインの選手(以下、DL選手)が、ボールを投げ終えて無防備だった関学のクオーターバックの選手(以下、QB選手)に背後から激しくタックルし、全治3週間のけがをさせた。

 関学側は12日、試合後の内田正人前監督のメディアに対するコメントが危険タックルを容認するような内容で、チームの見解とともに謝罪を求める抗議文を送付したと発表。日大は15日までに、謝罪した上で、指導内容と選手の受け取り方に乖離(かいり)があり内田前監督の指示ではないと説明。前監督のコメントは撤回するとの回答書を提出した。

 関学側は17日、記者会見し「ルールを逸脱した行為を容認していたと疑念を抱かざるを得ない」とし、鳥内秀晃監督も「あのプレーが起こった時、なぜベンチに戻して指導をしなかったのか」と不満を表明した。

 内田前監督は19日、QB選手と保護者に謝罪に出向き、取材に「全て私の責任」と辞任を明言。しかし、QB選手の保護者は「DL選手がなぜあのようなプレーをしたのか説明がなく、指示についても釈然としない」と憤りを見せた。

勇気ある記者会見に賛意

 関学の求めと日大の回答が平行線をたどる中、DL選手が22日、日本記者クラブで記者会見。冒頭、DL選手が「事実を明らかにするのが償いの一歩。深く反省しています」と述べ、18日にQB選手らに会って謝罪したことも明らかにした。

 その上で、定期戦3日前に「やる気が足りない」などと指摘されて練習を外され、精神的に追い込まれていたと説明。試合前日にコーチを通じ、監督から「つぶせば出してやる」と伝えられたとし、指示を「けがをさせろ」の意味と解釈したことを明らかにした。

 しかし、日大側は記者会見を受け「1プレー目で相手のQBをつぶせ」との発言があったことは認めながら「最初から思い切って当たれという意味」とするコメントを出し、DL選手の説明内容を否定。23日には内田前監督らが記者会見し、タックルを「私からの指示ではない」「ルールを逸脱する考えはない。予想できなかった」と主張した。

 QBの保護者はDL選手の記者会見前に大阪府警池田署に被害届を既に提出していたが、DL選手と内田前監督らとの説明が食い違った状態に「指導者が選手に責任を押し付けている」と憤慨。

 31日、被害届が移送された警視庁調布署に、内田前監督らに対する傷害容疑での告訴状を提出した。一方でDL選手に対しては「社会的制裁は十分受けた」として寛大な処分を求める嘆願書を集める考えを示した。嘆願書は結局6348通が集まり、これも後に警視庁に提出した。

 こうした中、関東学生連盟は29日、臨時理事会で監督らのDL選手への指示否定の供述内容を虚偽と判断。内田前監督らの除名(永久追放)を決定した。理由について、規律委員会の調査で悪質タックルの背景に「内田前監督による行き過ぎた指導、それをおもんばかったコーチ、なにも言えなかったチームがあった」と結論付けた。

 日大の第三者委員会は6月29日、内田前監督らを「指導者の資質を欠いている」とし、DL選手に責任転嫁するような姿勢を「極めて悪質」と指弾。悪質タックルも「QB選手への傷害の意図を含む」と結論付けた。7月30日には内田前監督らを懲戒解雇とした。

違法行為と認定できず

 QB選手の保護者は当初、被害届を出していたが、改めて告訴状を提出した。

 では、被害届と告訴はどこが違うのか。

 被害届は「犯罪の被害を捜査機関に伝えるための書類」に過ぎず、捜査を義務付ける規定もない。一方の告訴は「捜査と処罰を求める意思表示を行うための書類」で、警察は告訴を受理すれば速やかに捜査を開始し、書類や証拠を検察官に送らなければならない。

 そして、検察官は起訴・不起訴を決定し、告訴人に通知しなければならないのだ。

 では告訴を受けた後の流れはどうなるのか。警察は告訴を受けて捜査し(1)逮捕・送検(2)書類送検(3)書類の送付――を判断する。

 検察官はこれを受けて(1)起訴(公判請求)(2)略式起訴(罰金など略式処分)(3)起訴猶予(十分に社会的制裁を受けた、または犯罪が軽微で刑事処分の必要がないなどと判断)(4)不起訴(犯罪の事実認定できず)――を判断する。

 QB選手の保護者はDL選手に寛大な処置を求めながら、内田前監督らには明確な処罰を求め、さらに捜査結果の通知も求めたということだ。

 今回の関東学生連盟や日大の第三者委の決定は、テレビなどで繰り返し流された映像で、DL選手が悪質タックルをした際、内田前監督の視線がタックルに向いていたのが確認でき、その後もDL選手に注意するどころか放置。試合後も容認するかのような発言をしていたことなどが根拠とされる。

 確かに、印象としては真っ黒だ。

 一方で、刑事事件としての立件については「『つぶせ』という指示だけでは具体性に欠ける」との指摘もあった。具体的に「けがをさせろ」などの指示を記録した音声データなどがないとハードルは高いという見方だ。

 警視庁調布署はDL選手の陳述書や内田前監督らの聴取内容、200人を超える部員や関係者の証言、試合映像の解析結果を慎重に検討。その結果、犯罪として立件するために厳密な客観証拠を必要とされる刑事事件としては、違法行為(具体的な指示)までは認定できないと判断したもようだ。

 捜査関係者によると、アメフトで「つぶせ」は「強いタックル」の意味で一般的に使われることがあり、明確に「けがをさせろ」という指示だったとまで踏み込むことは難しいという。

 また日大の第三者委が悪質タックル後に内田前監督とコーチが交わしたと認定した「やりましたね」「おお」という会話も、確認できなかったという。この会話は、第三者委が悪質タックルを内田前監督らの指示と判断した根拠の1つだった。

  一方、内田前監督は懲戒解雇とした日大の処分は不当として解雇無効と未払い賃金の支払いを求め東京地裁に提訴している。訴状では「試合映像を検証すれば指示がなかったことは明らか」とし、第三者委の事実認定は事実誤認があったと主張。昨年11月15日に開かれた第1回口頭弁論で、日大側は争う姿勢を示している。

 刑事と民事は判断が異なることがあり得るので、どのような司法判断になるか注目されるところだ。

 一方のDL選手。QB選手を負傷させた事実はあるため書類送検はされたが、一般的に大学では罰金以上の刑事処分を受けると処分される。だが世間の誰もそんなことは求めていないし、検察官も鬼ではない。起訴猶予の流れであるのは言うまでもない。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ