このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣がAdobe Acrobat DCを使い倒してみた第89回

先輩からもらったプレゼン用PDFをパワポに戻して編集してみる

2019年02月01日 14時30分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

本連載は、Adobe Acrobat DCを使いこなすための使い方やTIPSを紹介する。第89回は、先輩からもらったプレゼン用のPDFファイルをパワポに戻して編集してみる。

PDFファイルをパワポで編集するには

 先輩から「このPDFファイルを参考に資料を作って、プレゼンすればいいから」と言われたが、ちょっと修正するだけで活用できそうなことが判明。しかし、元ファイルをくださいというのも、手を抜いていると思われそうで躊躇してしまうことがあるだろう。しかし、Acrobat DCがあるなら、問題なし。PDFファイルを超手軽に元のPowerPointファイルに戻すことができるのだ。

先輩からもらったプレゼン用のPDFファイルをパワポで編集したい!

 もちろん、編集できるので、文言の修正や画像の差し替えができる。ページの追加や削除だってOK。表組みやSmartArtも再現できる。まずは、PDFファイルを読み込み、「PDFを書き出し」機能を開く。その後、「Microsoft PowerPoint」を選択して書き出せばいい。指定の場所に、そっくり同じ内容のPowerPointファイルが作成される。これで、自由に編集し直すことができる。

PDFファイルを開いたら、「PDFを書き出し」をクリックする
「Microsoft PowerPoint」を選択して「書き出し」をクリックする
保存するフォルダーを選択する
ファイル名を指定して保存する
変換が始まる
PowerPointで変換されたファイルが開く

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事