このページの本文へ

地球全域で音声通話やデータ通信も

KDDI、船舶向けの新衛星通信サービス「イリジウム Certus」提供開始

2019年01月21日 17時05分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIは1月21日、地球全域でクリアな音声やデータ通信が可能な衛星通信サービス「Certus350」を発表。2月1日に提供開始する。

 米Iridium Communicationsのサービス「イリジウムCertus」を利用した衛星通信で、地球全域をカバーする低軌道周回衛星を利用。静止衛星では提供が難しい北極海航路を進む船舶や航空機、南極大陸の基地設備においてもデータ通信サービスの提供が可能となる。

船内ネットワーク構成例 

 データ通信は上り/下りとも最大352kbps(2019年7月頃に704kbpsまで増速予定)、音声通話は最大3回線を同時利用可能。料金は無料データ量に応じて0MB/50MB/100MB/250MB/1GB/5GB/10GBの7プランが用意され、価格は要問い合わせ。また、船員個人向けに電話/データのプリペイド課金が予定されている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン