このページの本文へ

MSI「B360-A PRO」、「B360M PRO-VDH」

B360チップセット採用の安価なマザーボード

2019年01月16日 23時04分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MSIから、エントリー向けのB360チップセットを採用するマザーボード「B360-A PRO」と「B360M PRO-VDH」が発売された。

エントリー向けのB360チップセットを採用するマザーボード「B360-A PRO」と「B360M PRO-VDH」。PCI Express(3.0) x16は「PCI-E Steel Armor」仕様のほか「CORE BOOST」「DDR4 Boost」といったオリジナル機能を備える

 第8世代/第9世代のインテル製CPUに対応するB360チップセット搭載マザーボードの新製品。ATX「B360-A PRO」は、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×1、PCI Express(3.0) x4×1(x16形状)、PCI Express(3.0) x1×4。メモリーは、DDR4 DIMM×4(DDR4-2666/2400/2133、最大64GB)。

 オンボードインターフェースとして、ギガビットLAN(intel I219V)、サウンド(Realtek ALC892)、M.2×1、SATA3.0×5、USB 3.1×2(Type-A+Type-C)、USB 3.0×4、USB 2.0×6などを装備。グラフィックス出力機能としてDisplayPort 1.2、DVI-Dを搭載する。

ATX「B360-A PRO」。価格は安いがM.2やUSB3.1 Type-Cなど最新機能も備えている

 Micro ATX「B360M PRO-VDH」は、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×1、PCI Express(3.0) x1×2。メモリーは、DDR4 DIMM×4(DDR4-2666/2400/2133、最大64GB)。オンボードインターフェースとして、ギガビットLAN(intel I219V)、サウンド(Realtek ALC892)、M.2×1、SATA3.0×6、USB 3.0×6、USB 2.0×6などを装備。グラフィックス出力機能としてHDMI 1.4b、DVI-D、D-Subを搭載する。

Micro ATX「B360M PRO-VDH」。HDMI 1.4b、DVI-D、D-Subを備え3画面出力にも対応する

 価格は「B360-A PRO」が1万1102円、「B360M PRO-VDH」が1万22円。パソコンショップアークやドスパラ秋葉原本店、ツクモパソコン本店、SUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中