このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

「Predator Helios 500」と「Acer Nitro 5」でフレームレートを計測

BFVがノートPCで60fps以上、Acerゲーミングノートで最適設定をチェック

2018年12月26日 07時00分更新

文● 宮崎真一 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11月20日に、エレクトロニック・アーツが手掛ける「Battlefield V」が発売となった。Battlefieldシリーズ最新作となるBattlefield Vは、ゲームエンジンの「Frostbite」によって描かれる美麗なグラフィックスと、迫力あるリアルな戦場が注目を集めている。

 Battlefield Vの推奨動作環境が、CPUは「Core i7-4790」もしくは「AMD FX-8350」以上、GPUが「GeForce GTX 1060 3GB」もしくは「Radeon RX 480」以上と比較的高め。そのため、ゲーミング向けノートパソコンでBattlefield Vがどの程度快適に動作するのか気になっているユーザーも多いのではないだろうか。

 そこで今回は、エイサーのゲーミング向けノートパソコンの「Predator Helios 500」(型番:PH517-51-F93Z、以下 Helios 500)と「Acer Nitro 5」(型番:AN515-52-A58H、以下 Nitro 5)で実際にBattlefield Vをプレーし、どれぐらいのフレームレートが得られるのか確かめてみたい。

「Predator Helios 500」
「Acer Nitro 5」

前へ 1 2 3 次へ

ノートパソコン
デスクトップ
モニター

intel

詳しくはレビューをチェック