このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

さとうなおきの「週刊アジュール」第74回

「Connect 2018」アップデート ~データ/AI/IoT編~

マネージドMariaDB、Azure Machine LearningサービスなどがGA

2018年12月20日 14時00分更新

文● 佐藤直生 編集 ● 羽野/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは、さとうなおきです。「週刊アジュール」では、2018年12月2日~12月8日の1週間に発表されたMicrosoft Azureの新機能から、筆者の独断と偏見で選んだトピックについて紹介していきます。

 2018年12月4日に、Microsoftの年次オンラインカンファレンス「Microsoft Connect 2018」が開催され、Scott Guthrieらによる基調講演が行われました。Connect 2018に合わせて、Azureに関連するアップデートも多数公開されました。「週刊アジュール」では、基調講演での発表をまとめた「Connect 2018」特別号外に続いて、Connect 2018でのAzureアップデートを、「アプリ開発/インフラ編」、「データ/AI/IoT編」の2回に分けてお伝えします。今回は「データ/AI/IoT編」です。

Azure Cosmos DB:.NET SDK、スループット下限の引き下げ、CORSなど

 Azure Cosmos DBは、複数のデータモデル/APIをサポートしたグローバル分散型のNoSQLデータベースサービスです。

 Azure Cosmos DBの.NET SDK バージョン3のパブリックプレビューがリリースされました。Azure Cosmos DBの.NET SDKは、今回リリースされたバージョン3から、オープンソースになりました

  • 既存の.NET、.NET Core SDKを統合し、.NET Standard 2.0向けのSDKに
  • 新しいFluent API(CosmosClientクラスなど)
  • 単体テストが簡単に
  • 名前の変更(コレクションからコンテナーへの変更など)
  • パフォーマンス改善
Azure Cosmos DBの.NET SDK バージョン3

 Azure Cosmos DBのデータベースレベルのスループットの下限が、10000 RU/sから400 RU/sに引き下げられました。パーティション分割されたコンテナーでのコンテナーレベルのスループットの下限も、1000 RU/sから400 RU/sに引き下げられました。

Azure Cosmos DBのデータベースレベルのスループット

 Azure Cosmos DBが、CORS(クロスオリジンリソース共有)をサポートしました。これによって、Azure Cosmos DBのJavaScript SDKを使ってウェブブラウザからAzure Cosmos DBに直接接続できるようになります。

Azure Cosmos DBのCORSの設定

 Azure Cosmos DBのJavaScript SDKで、変更フィードがサポートされました。

 Azure Cosmos DB Emulatorで、SQL API、MongoDB APIに加えて、新たにCassandra APIがサポートされました。

Azure SQL Database:Managed InstanceのBusiness Criticalレベル

 Azure SQL Databaseは、SQL Serverベースのリレーショナルデータベースサービスです。

 Azure SQL Databaseの一機能であるAzure SQL Database Managed Instanceは、オンプレミスのSQL Serverとの100%に近い互換性を持つデータベースサービスです。

 10月に発表されていた通り、Azure SQL Database Managed InstanceのBusiness CriticalレベルがGA(一般提供)になりました。

Azure SQL Database Managed InstanceのBusiness Criticalレベル

Azure Database for MariaDB:GA、仮想ネットワークサービスエンドポイント

 Azure Database for MariaDBは、MariaDBベースのリレーショナルデータベースサービスです。

 9月のIgnite 2018カンファレンスで、Azure Database for MariaDBのプレビューが始まっていました

 今回、Azure Database for MariaDBがGAになりました。

 仮想ネットワーク機能を提供するAzure Virtual Networkは、Azureサービスへのアクセスを特定の仮想ネットワーク(VNET)からのみに制限し、インターネット経由のアクセスを遮断することができる「仮想ネットワークサービスエンドポイント」を提供しています。

 仮想ネットワークサービスエンドポイントのAzure Database for MariaDBサポートが、パブリックプレビューになりました。

Azure Database for MySQL/PostgreSQL:仮想コア上限拡張

 Azure Database for MySQLAzure Database for PostgreSQLは、MySQL、PostgreSQLベースのリレーショナルデータベースサービスです。

 Azure Database for MySQLAzure Database for PostgreSQLの汎用レベルでは64仮想コアまで、メモリ最適化レベルでは32仮想コアまでスケールアップできるようになりました。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事
FIXER Tech Academy