このページの本文へ

さとうなおきの「週刊アジュール」第70回

オンラインイベント「Microsoft Connect 2018」特別号外

AKSに「仮想ノード」機能登場、.NET CoreがWPFやWindows Formsをサポート

2018年12月05日 11時30分更新

文● 佐藤直生 編集 ● 羽野/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは、さとうなおきです。米国時間2018年12月4日に、Microsoftの年次オンラインカンファレンス「Microsoft Connect 2018」が開催され、Scott Guthrieらによる基調講演が行われました。Connect 2018に合わせて、Azureに関連するアップデートが多数公開されています。

 今回の「週刊アジュール」では、Connect 2018特別号外として、Scott Guthrieらによる基調講演で紹介されたAzureに関連するアップデートを紹介していきます。

Connect 2018の情報はここをチェック

 Connect 2018の基調講演やセッションは、オンデマンドで視聴可能です。

 Connect 2018での発表の全体感を掴みたい方は、Storiesでのまとめ、ブログポスト、Azure更新情報をご覧ください。

Connect 2018の基調講演に登壇したScott Guthrie

Azure FunctionsがPythonサポート

 Azure Functionsは、サーバーレスアーキテクチャのFaaS(関数サービス)です。

 Azure FunctionsのFunctionsランライム2.0で、Pythonサポートがパブリックプレビューになりました。Linuxベースの、およびDockerコンテナーベースのFunctionsで、Pythonを使えます。

Azure FunctionsのPythonサポート

Visual Studio 2019のPreview 1がリリース

 統合開発環境「Visual Studio」の最新バージョン「Visual Studio 2019」の最初のプレビュー「Preview 1」がリリースされました。

 AIを活用してIntelliSenseを改善する「Visual Studio IntelliCode」、他の開発者との共同作業を支援する「Visual Studio Live Share」などの機能が強化されています。

Visual Studio 2019

.NET Core 3のPreview 1がリリース

 .NET Core 3の最初のプレビューとなる.NET Core 3 Preview 1が、リリースされました。.NET Core 3では、WPF、Windows FormsといったWindowsデスクトップアプリケーションのフレームワークがサポートされました。

.NET Core 3

Azure Kubernetes Service(AKS)に仮想ノード機能が登場

 Azure Kubernetes Service (AKS)は、マネージドKubernetesサービスです。

 Azure Container Instancesは、クラスターの管理なしにコンテナーを実行できるサービスです。

 Azure Kubernetes Service(AKS)で、オープンソースのVirtual Kubeletを基にした「仮想ノード」機能が、パブリックプレビューになりました。Azure Kubernetes Service(AKS)の仮想ノードを使うと、数秒で起動できるAzure Container Instances内の追加ポッドをエラスティックにプロビジョニングできます。

Azure Kubernetes Service(AKS)の仮想ノード

Cloud Native Application Bundle(CNAB)

 Cloud Native Application Bundle(CNAB)が発表されました。Cloud Native Application Bundleは、コンテナーアプリケーションのためのオープンソースのパッケージ仕様です。Cloud Native Application Bundleは、Dockerとのパートナーシップの基で開発されており、Bitnami、HashiCorpによってサポートされています。

Cloud Native Application Bundle(CNAB)

Azure Cosmos DBでデータベースレベルのスループットの下限引き下げ

 Azure Cosmos DBは、複数のデータモデル/APIをサポートしたグローバル分散型のNoSQLデータベースサービスです。

 Azure Cosmos DBのデータベースレベルのスループットの下限が、10000 RU/sから400 RU/sに引き下げられました。400 RU/sの場合、月額3000円弱の料金になります。

Azure Cosmos DBのデータベースレベルのスループットの下限引き下げ

Azure Machine LearningサービスがGA

 Azure Machine Learning(Azure ML)は、機械学習の開発と実行のためのプラットフォームを提供します。Azure Machine Learningには、Azure Machine Learning StudioAzure Machine Learningサービスという2つのサービスがあります。

 Azure Machine Learningサービスが、プレビューを終了してGA(一般提供)になりました。

Azure Machine LearningサービスのGA

 それでは、また次回。

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ