このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

さとうなおきの「週刊アジュール」第75回

Azure VMにSQL Server向けリソースプロバイダー、従量課金構成などが可能に

AKS監視機能「Azure Monitor for containers」がGA

2018年12月27日 13時30分更新

文● 佐藤直生 編集 ● 羽野/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは、さとうなおきです。今回の「週刊アジュール」では、2018年12月9日~15日の1週間に発表されたMicrosoft Azureの新機能から、筆者の独断と偏見で選んだトピックについて紹介していきます。

Azure Storage:静的ウェブサイト

 ストレージサービス「Azure Storage」の一機能「Azure Blob Storage」は、オブジェクトストレージサービスを提供します。

 6月に、Azure Blob Storageの「静的ウェブサイト」機能が、パブリックプレビューになっていました

 「静的ウェブサイト」機能を使うと、HTML、JavaScriptなどで構成される静的ウェブサイトのコンテンツをAzure Blob Storageにアップロードして、Webサイトとして公開できます。インデックスページ、エラーページを指定できます。Azure CDNを併用することで、カスタムドメイン、SSL有効化も可能です。

 今回、この機能がGA(一般提供)になりました。

Azure Blob Storageの静的ウェブサイト

Azure Virtual Machines:SQL Server向けリソースプロバイダー

 IaaSの仮想マシン(VM)機能を提供するAzure Virtual Machinesで、Azure Virtual Machines上のSQL Server向けの新しいリソースプロバイダー「Microsoft.SqlVirtualMachine」が提供されました。

 このリソースプロバイダーを使うことで、Azure Virtual Machines上のSQL Serverのライセンスを、Azureハイブリッド特典、または従量課金に構成できます。ダウンタイムなしで、構成変更が可能です。

 また、このリソースプロバイダーを使うことで、SQL Server Always On可用性グループの複数VM構成を自動化できます。

Azure Backup:Microsoft Azure Backup Server V3

 Azure Backupは、バックアップ/復元サービスです。

 Microsoft Azure Backup Server(MABS)の最新バージョンとなるV3がリリースされました。このリリースでは、Windows Server 2019、SQL Server 2017がサポートされ、いくつかの新機能もあります。

Azure App Service:Linux上のPythonサポート

 Azure App Serviceは、Webアプリ、Web API、モバイルバックエンドをホストするためサービスです。

 Azure App ServiceでのPythonアプリケーション実行のエクスペリエンスが大幅に改善されました。これまでは、Windowsベースで、またはLinuxコンテナーとして、Pythonアプリケーションを実行することができました。

 今回、App Service on LinuxのPythonランタイムサポートが、パブリックプレビューになりました。これによって、カスタムのDockerコンテナーを使うことなく、Linux上でPythonアプリケーションを実行できるようになります。

Azure Kubernetes Service (AKS):Azure Monitorによる監視

 Azure Kubernetes Service (AKS)は、マネージドKubernetesサービスです。

 Azure Monitorは、Azureにおけるフルスタックの監視サービスです。

 12月10日~13日に、米国シアトルで「KubeCon + CloudNativeCon North America 2018」が開催されました。

 Azure MonitorのAzure Kubernetes Service(AKS)監視機能である「Azure Monitor for containers」は、5月のBuild 2018カンファレンスでプレビューになっていました。今回のKubeConで、Azure Monitor for containersがGAになりました。以下のような機能強化がされています。

  • マルチクラスタービュー
  • パフォーマンスグリッドビューでの、AKSクラスターのドリルダウン
  • ライブデバッグ
  • Azure CLI、ARMテンプレート、Terraformを使った、Azure Monitor for containersのオンボード
Azure Monitor for containersを使った、Azure Kubernetes Service (AKS) 上のコンテナーのライブデバッグ

Azure Service Fabric:RESTベースのPowerShellモジュール

 Azure Service Fabricは、Windows Server/Linux上で動作するマイクロサービスプラットフォームであり、コンテナーオーケストレーターでもあります。

 これまで、Azure Service FabricのPowerShellモジュールを使うには、Azure Service Fabricランタイムのインストールが必要でした。

 新しいAzure Service FabricのPowerShellモジュールのプレビューでは、Azure Service FabricのREST APIと直接通信することで、Azure Service Fabricランタイムをインストールする必要がなくなりました。

Visual Studio App Center:デスクトップUI、モバイルポータル

 Visual Studio App Centerは、iOS、Android、Windows、macOSアプリケーションのビルド、テスト、配布、監視のためのサービスです。

 Visual Studio App CenterのデスクトップUI、モバイルポータルで、いくつかの改善が行われました。

Visual Studio App Centerのモバイルポータル

前へ 1 2 次へ

この連載の記事
FIXER Tech Academy