このページの本文へ

柳谷智宣がAdobe Acrobat DCを使い倒してみた 第84回

専用ソフト不要。「.u3d」と「.prc」形式をサポート

Acrobat DCで3Dデータを閲覧・レビューする方法

2018年12月19日 11時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

PDFファイルなので注釈などは自由に追加可能

 通常、3Dデータを表示するには対応する作成ソフトが必要になる。ほかのソフトで表示する際には、制限が付いたり、いちいちデータ形式を変換する必要がある。しかし、PDFファイルにしておけば、この手間が省けるようになる。単にチェックしてもらうだけなら、Acrobat Readerでも表示できるのが便利だ。

 PDFファイルなので、もちろん注釈などは自由に追加できる。3Dソフトを持っていない人、使えない人にデータをレビューしてもらうことができるというわけだ。

 3Dコンテンツが表示されるとマウスでぐりぐりと回転できるようになる。Ctrlキーを押しながらドラッグすれば、オブジェクトを水平移動でき、Shiftキーを押しながらマウスを動かせばズームイン・ズームアウトになる。

 3Dナビゲーションツールのメニューから動作を指定することもできる。「フライ」はオブジェクトの向きはそのままに、クリックしている間、ゆっくりと近づいていく。「3Dものさしツール」ではパーツサイズや距離を測定でき、「カメラのプロパティ」では、レンズの角度や位置などを設定できる。なお、オブジェクトが小さくなったり、表示領域外に出てしまったときでも、家(デフォルト表示)のアイコンをクリックすると元の状態に戻るので覚えておこう。

3Dエリア内をドラッグして動かすことで、オブジェクトを自由に回転できる

「注釈」ツールで、コメントを入れることも可能

3Dナビゲーションツールのメニューから操作方法を選べる

カテゴリートップへ

この連載の記事

目からウロコのPDF使いこなし術【アクロバット連載100回記念放送】