このページの本文へ

松村太郎の「西海岸から見る"it"トレンド」第240回

Amazon EchoやGoogle Home、スマートスピーカーが米セールでやたら見かけることに

2018年11月21日 10時00分更新

文● 松村太郎(@taromatsumura) 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ついにアップルまでブラックフライデー参入

 ブラックフライデーは数年前まで、薄型の液晶テレビが格安に手に入るというイメージが強かったのですが、コストコなどでは4Kテレビが400ドルを切る価格で販売されるなど、さほどブラックフライデーを狙って買うものでもなくなってきたようです。

 やはりセールで欲しいのはスマートフォンやタブレット。そのシェアの半分を確保しているのが米国ではAppleで、セールに対して非常に渋い姿勢を貫いてきました。そのため「買い換え時、必要なときに買う」というのが当たり前になっていました。

 しかし今年は違います。なんと、Appleもブラックフライデーからサイバーマンデーにかけて4日間のセールをするのです(https://www.apple.com/shop/gifts/shopping-event)。

アップルもついにブラックフライデーでのセールを予告

 ウェブサイトでは、11月23日から26日までのセールを予告するページが用意されており、カレンダーに印を付けるよう促しています。

 しかしその中身は謎に包まれたまま。

 おそらくですが、最新のiPad ProやMacBook Air、Mac miniなどを含む主力製品を値引販売するのではないかと見ています。一般の小売店におけるApple製品のディスカウントはMacBook Proで250ドル、iPadで50〜100ドルなどが見られます。Appleでこの規模の値引きをするかどうかはわかりませんが、値引販売は歴史的にみても希であるため、注目しているところです。

 ただ、先述のとおりに必要なものは必要なときに、新製品はできるだけ早いタイミングで購入するのがお得なのがApple製品の常。年次更新がかかる製品であることから、早く買えば、より長い期間現行モデルとして使うことができるのがその理由です。

 そのため、どちらかというと、さほどロイヤルティが高くない顧客の背中を思い切りプッシュするような戦略になるのではないでしょうか。

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン