このページの本文へ

学歴・職歴がない若者を再起させる、授業料無料スクールの仕掛け

文● 吉田由紀子(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

中学や高校、大学を中退するなどした“ドロップアウト人材”。総務省によれば、年間50万人のドロップアウト組が新たに誕生している。自宅に居続けながら、親や社会を恨んで無為に過ごす人も多いが、彼らに授業料無料で職業訓練を施し、立派に再起させるビジネススクールがある。

挫折感から大学中退…
“ドロップアウト人材”の再起

ビジネススクール
写真はイメージです Photo:PIXTA

 東京都に住む小柴樹さん(25歳)は、高校時代にサッカー部で活躍し、都大会のベスト4にまで進出する。将来を有望視されていたが、大学でサッカー部への入部を断られてしまう。生きがいにも等しかったサッカーを断念せざるを得なくなり、その後は自堕落な毎日を送ることに。経済的にも通学を続けるのが困難になり、22歳で大学を中退してしまった。

 こんな経歴をたどった小柴さんだが、今はなんと月収50万円を稼ぐ営業マンとして活躍している。30人近い部下を率いるセクションマネージャーを務めており、社内の信頼も厚い。大学を辞めた小柴さんが出合ったのが、リバースラボというビジネススクールであった。

「大学中退後に消防士を目指して試験を受けました。幸い合格したので消防士になることが決まっていたんです。そんな時にSNSでリバースラボの存在を知り、採用担当の方に会うことになりました。その方がとてもかっこよく、研修の内容も素晴らしかったので、ここに入りたいと強く思うようになったんです」(小柴さん)

 2017年1月に開設されたリバースラボは、日本初の「雇用実践型のビジネススクール」として話題を集めている。東京、埼玉、千葉、静岡に6つの拠点があり、全国から集まった64人の研修生が学んでいる。

 一般のビジネススクールと違うのは、中卒や高校・大学を中退した人、いわゆる「ドロップアウト人材」を対象にしている点だ。また、実際に働いて報酬を得ながらキャリアを積んでいくのも大きな特徴である。従来の職業訓練校は座学が中心で、期間も3ヵ月から半年と短い。しかし、リバースラボは2年間かけてじっくりキャリアを積んでいくカリキュラムになっている。

リバースラボを立ち上げた三浦尚記さんも、かつて大学を中退した経歴を持つ。一度挫折した人に対する職業訓練校がないことから、自身で起業をした

「一度ドロップアウトした人が中途入社をしようと思っても、なかなか難しいのが現状です。企業側は職歴を確認しますし、人間性も重視します。ですから雇用実績を作っていくことが先決なんです。2年という長い雇用実績があれば、企業も安心できます。学歴や職歴を持たない人に向けての実践形式の学校がなかったため、リバースラボを立ち上げました」(リバースラボを運営する株式会社3Backs代表取締役・三浦尚記さん、以下同)

授業料は無料だが採用は厳格
「軽い気持ちの人には不向き」

 授業料は無料だが、受講希望者は何段階にもわたる試験を受けなければならない。まずWEBサイトからエントリー。その後、採用担当者による面談で履歴や志望動機をヒアリングされる。面談に合格すれば、1次試験、2次試験と進み、最終的に合否を判断される。合格すれば、2週間のOJT研修を受講。ここで自身の目標を設定して、実際の実務研修に入っていく。現在は営業と人事の2つのコースが設定されている。

「我々は、職歴や学歴のない若者をゼロから教育して、一人前の社会人にすることには自信があります。どうしても這い上がりたい。強い意志や目標を持った人に来てほしいと考えています。軽い気持ちで来る人には難しいと思います」

 営業コースの実務研修は、放送メディアの加入に関する新規営業をメインに行っている。個人宅や事業所などを回り、加入契約を結ぶというハードルの高い業務を行っていく。とはいえ、先輩からの手厚いフォローや、ロールプレイングによる練習など、チーム単位で学んでいくので、職歴のない人でも徐々に営業ができるようになるという。

 日本人の平均年収は420万円だが、大半の研修生がこの金額を超える収入を得るようになるという。その理由は何なのか?

「ドロップアウトした人は劣等感を持っています。なんとか浮上したい、世間に認められたいという欲求が強いのです。成果が伴えば、彼らは爆発的なパワーを発揮してくれます。一気に駆け上がる力を秘めているんです。そういう研修生をたくさん見てきました」

無料の寮で共同生活
早起きや身だしなみも学ぶ

リバースラボで研修生として働く小柴樹さん。大学中退後、研修生を志願し、現在はセクション・マネージャーに昇格。50万円の月収を得ている

 リバースラボには、現在、16軒の寮があり、研修生は共同生活を送りながら、実務に励んでいる。当番制で食事を作り、掃除や洗濯なども自分たちで行う。寮費は無料だ。

「朝早く起きる、身なりを整える、きちんと食事をする。こういった当たり前の習慣を身につけていくことが、非常に大切なのです。ドロップアウトした人の中には、自分がこうなったのは他人のせいだ、社会が悪いと考えているケースがよくあります。自宅にいると、どうしてもネガティブな思考から抜け出せません。ですから、まず基本的な生活を立て直し、嫌なこと、面倒くさいことに取り組んでいく中で、人間性も身につけていくことが必要。私はそう考えています」

 中卒、高校・大学中退などの“ドロップアウト人材”は、毎年50万人も生まれている。18歳から29歳までの合計は500万人にも上る(総務省統計局等のデータ)。膨大な数字だ。

「いま、労働市場の人手不足は深刻です。そのため、企業は主婦層やシニア層の雇用を積極的に進めていますが、まずは、訓練を積んで社会に再デビューを果たしたドロップアウト人材を活用していくのが、近道ではないでしょうか」

 来春には、2年の訓練を終えたリバースラボ1期生が卒業をする。これからの活躍が大いに楽しみである。

(吉田由紀子/5時から作家塾(R))


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ