このページの本文へ

2010年から2016年に販売したノートPCが対象

富士通、Windows Updateでバッテリーの発火事故を防ぐアップデート配信

2018年10月31日 18時20分更新

文● 市川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士通は10月31日、2010年から2016年に販売したノートパソコンを対象に、マイクロソフトのWindows Updateを利用して「バッテリー充電制御機能アップデート」を自動配信すると発表した。

個人向けパソコンサイトから

 富士通は、異物混入による火災を防ぐためにバッテリーパックの交換・回収作業を3度実施している。しかし、すでに交換・回収済みのバッテリーパック以外にも、発生率は低いものの発火事故が発生しているという。この発火事故に対する未然防止策として、バッテリーの内圧が上昇する現象を抑制するアップデートの配信に至ったとのこと。詳細はウェブサイト「個人向けパソコン」と「法人向けパソコン」にて。

カテゴリートップへ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通 FMV LIFEBOOK NH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK MH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK LH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通