このページの本文へ

セキュリティーに加えて快適ウェブブラウジング機能なども追加

マカフィー、個人向けセキュリティーソフト「マカフィー リブセーフ」などを刷新

2018年10月31日 14時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マカフィーは10月31日、個人向けセキュリティー製品の新ラインアップを発表。11月29日に発売する。

 家族などで利用しやすい「マカフィー リブセーフ」(8980円から)、1人で複数の機器に利用するのに適した「マカフィー インターネット セキュリティ」(7180円から)、パソコン1台での利用に向けた「マカフィー アンチウイルス」(2916円から) の3製品(価格はいずれもオンラインストアダウンロード価格)。

 主な機能強化点としては、頻繁に使うアプリにリソースを自動的に割り当てることで動作を高速化する「マカフィー アプリブースト」(Windows 10に対応)、自動再生による不要なダウンロードやシステム動作を防止する「マカフィー ウェブブースト」などの機能が追加され、より快適なウェブブラウジングが可能となるとしている。セキュリティー機能としては、効率的なスキャンやマルウェア検出を可能とする機械学習機能(Android版)や、UIの刷新による使いやすさ向上(iOS版)などが図られている。

カテゴリートップへ

5分で解説! あなたとスマホは狙われている

悩める一児の親が子どもと一緒にスマホ管理に挑戦! 「セーフ ファミリー」体験記

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

マカフィー リブセーフって何ができるの?


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる