このページの本文へ

4K解像度の広い画面でクリエイティブな作業を

ワコム、初の31.5型液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq Pro 32」

2018年10月30日 17時50分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Wacom Cintiq Pro 32」

 ワコムは10月30日、初の31.5型液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq Pro 32」を発表、先行予約販売を開始した。11月2日に発売する。

 Wacom Cintiq Pro 32はWacom Pro Pen 2を採用しており、すでに販売中の「Wacom Cintiq Pro」シリーズと同様に8192レベルの筆圧に対応し、繊細なタッチや高い精度、良好なレスポンスが特徴という。

 液晶表示解像度は4K(3840×2160ドット)、Adobe RGBカバー率98%の広色域表示が可能。ソフトウェアのメニューバーやサイドパネルを表示したままでも広い描画領域があるため、映像編集やFX、アニメーション、大型製品のデザインなどに適している。

 映像入力はディスプレーポートオルタネートモード対応USB Type-Cポート、Mini DisplayPort/DisplayPort、HDMI 2.0(いずれも3840×2160ドット解像度の場合にはUHD対応ケーブルが必須)。オプションとしてアームスタンド「Wacom Flex Arm」を取り付けることが可能。ワコムストアでの価格はWacom Cintiq Pro 32が39万7440円、Wacom Flex Armが3万9744円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン