このページの本文へ

裏側にタッチパッド付きの超便利なミニミニキーボードが来週発売

2018年10月20日 09時59分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本体の裏側にタッチパッドを備える、ワイヤレスのミニキーボード「H20」のサンプルがテクノハウス東映に入荷。価格は現時点で未定だが、来週にも発売される予定だ。

2.4GHzワイヤレスに対応する、ポータブル向けのミニキーボードに新型登場。便利な機能を複数備えたスグレモノだ

 ポータブルを意識したコンパクトサイズのワイヤレスキーボードに新モデルが登場。両手でグリップして親指で入力する定番のスタイルで、特にタブレットと相性が良さそう。特筆すべきは裏面に備えるタッチパッドで、なんと裏返すだけで有効化されるという、スマートな仕様になっている。

 表側のキーボードは、独立実装のファンクションキーなどを備えたテンキーレス仕様の英語配列。裏面のタッチパッドは、縦横のローテーションにも対応、スマートフォンなど縦長の端末でも快適に操作できる。

裏面はタッチパッドになっており、裏返すだけでキーボードが無効化されタッチパッドが有効化する仕様。縦横のローテーションも可能だ

側面には電源スイッチや充電用microUSBなどを実装。ナノサイズのレシーバーで接続する

 本体サイズは幅145×奥行き75×高さ13.5mmで、重さ93g。内蔵バッテリーの充電で動作する。なお、搭載機能については「現在検証中」(ショップ)とのこと。来週にもテクノハウス東映および東映無線ラジオデパート店にて販売予定となっている。


【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン