このページの本文へ

上海問屋「タッチパッド搭載 2.4GHz ミニワイヤレスキーボード」

ゴロ寝で使えるスマホサイズのミニキーボードが上海問屋から発売中

2018年05月03日 22時49分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 上海問屋から、タッチパッドを備えた小型サイズのワイヤレスキーボード「タッチパッド搭載 2.4GHz ミニワイヤレスキーボード」(型番:DN-915265)が登場。ドスパラ秋葉原別館で販売中だ。

タッチパッドを備えた小型サイズのワイヤレスキーボード「タッチパッド搭載 2.4GHz ミニワイヤレスキーボード」

 ゴロ寝でネットサーフィンをするときの文字入力やマウス操作に便利という、タッチパッド搭載の2.4GHzミニワイヤレスキーボード。配列は、特殊レイアウトの64キー英語配列ながら、直感的な操作が可能。キーボードとマウス操作ができるため、PC用としてはもちろんリモコン代わりにも使える。

スマホサイズのミニワイヤレスキーボード。特殊配列ながら直感的に操作が可能だ

 接続インターフェースは2.4GHzワイヤレスで、ナノサイズのレシーバーが付属。450mAh(3.7V)のバッテリーを内蔵し、充電時間は約150分。スタンバイ時は約500~700時間の利用が可能。サイズは138(W)×60(D)×10(H)mm、重量約75g。

使い勝手は店頭でお試し可能。気になる人は触ってみよう

 価格は2777円(税抜)。ドスパラ秋葉原別館では実機を展示しており、自由に試すことが可能だ。

【取材協力】

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ