このページの本文へ

Intel「Core i5-9600K」

第9世代Coreプロセッサー「Core i5-9600K」の夜間販売を実施

2018年10月20日 01時55分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 19日(金)22時から、Coffee Lake Refreshこと「第9世代Coreプロセッサー」の夜間販売が行なわれた。登場したのは、シリーズ最下位モデルの「Core i5-9600K」だ。

19日(金)22時から行われた「第9世代Coreプロセッサー」の夜間販売

 夜間販売を実施したのは、TSUKUMO eX.、ドスパラ秋葉原本店、パソコン工房 秋葉原BUYMORE店の3店舗。第9世代Coreプロセッサーは、8コア/16スレッドの最上位モデル「Core i9-9900K」(8コア/16スレッド/3.6GHz/tb時5GHz/TDP95W)を筆頭に、「Core i7-9700K」(8コア/8スレッド/3.6GHz/tb時4.9GHz/TDP95W)、「Core i5-9600K」(6コア/6スレッド/3.7GHz/tb時4.6GHz/TDP95W)をラインナップ。そのうち、本日発売されたのは最下位モデルの「Core i5-9600K」のみとなる。

本日発売されたのは最下位モデルの「Core i5-9600K」のみ

 発売イベントなどもなく静かなスタートとなった第9世代Coreプロセッサー。いまだに発売日が確定していない「Core i9-9900K」や「Core i7-9700K」待ちの人が多いためか、購入者も数名とあっさりとした夜間販売になった。

自作ユーザーの本命は「Core i9-9900K」や「Core i7-9700K」なのか、購入したのは3店舗合わせて約5名だった
ドスパラ秋葉原本店では「Core i9-9900K」のデモを実施していた

 「Core i5-9600K」の価格は3万2380円(税抜)。夜間販売を実施した3店舗のほか、複数ショップで20日(土)から購入可能だ。

22時の販売解禁とともに商品を受け取る購入者
購入と同時に殻割りする“殻ワリスト”で有名なとっしー氏。もちろん「Core i5-9600K」も殻割り。ソルダリングにもかかわらず5分程度で殻割り成功

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中