このページの本文へ

狭額ベゼル採用、オプションでテレビ機能も追加可能

スタイリッシュなディスプレー一体型PC、リビング用メインマシンに!

2018年10月13日 10時00分更新

文● MOVIEW 清水、編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「ESPRIMO WF1/C2」

 スティック型からデスクトップまで、様々な形のパソコンが存在するが、やはり作業をするための機械というフォルムからなかなか抜け出せていないイメージが強い。しかし、今回紹介する「ESPRIMO WF1/C2」は、リビングでも寝室でも、家中どこに置いても違和感なく、家族みんなで楽しめるディスプレー一体型のオールインワンデスクトップパソコンだ。

 ESPRIMO WF1/C2の外観はまさにスタイリッシュ。4辺狭額フレームのディスプレーに映し出される画面はとても美麗だ。高音質スピーカーを標準で装備するほか、オプションでテレビ機能の追加も可能だ。今回は、ESPRIMO WF1/C2の外観などについて紹介する。

 ESPRIMO WF1/C2は23.8型ディスプレーが一体となったデスクトップパソコン。ディスプレーの解像度は1920×1080ドット。また、広視野角のため正面から少しずれた斜めからでもしっかり視認できるので、家族などで取り囲んで使うのにも適している。

 ディスプレーは4辺とも狭額フレームとなっており、外枠の幅はほとんど感じない。風景写真を表示したときは、部屋の真ん中に窓が浮いているような印象を受けた。このすっきり感をジャマするようなボタンなども正面側には一切配置されておらず、電源ボタンはパソコン上部、スピーカーは底面に配置されている。また、筐体の色はブラックとホワイトが用意されているので、部屋の雰囲気に合わせて選択可能だ。

上部に電源ボタンを配置

 ESPRIMO WF1/C2のサイズは、およそ幅558mm×奥行き167~176mm×高さ362~370mm。見やすい角度になるようディスプレーの角度を変えられるようになっているため、奥行きと高さに幅がある。奥行きが17cm前後なので、どこに置くにもあまり困らず、複数の部屋へ持ち運んでの使用も考えられる。重さは約6.5kg。ずっと持ち歩くわけにはいかないが、部屋間の移動で困る多さではないだろう。

 このようにスタイリッシュなフォルムだと、パソコンとして拡張性などが気になるところだが、外部端子などはパソコン側面と背面に配置されている。

 ESPRIMO WF1/C2の本体右側面にはSDカードスロット、USB 3.0端子とUSB 3.1(Type-C)端子が1基ずつ配置されている。デジタルカメラやムービーカメラを接続したり、記録メディアのSDカードを直接差して、ディスプレーに表示させたりするのに便利だ。なお、Core i7-7700HQ選択時のみHDMI出力端子が追加される。

右側面にはSDカードスロット、miniB-CASカードスロット、USB 3.0端子、USB 3.1(Type-C)端子、HDMI出力端子、ヘッドフォン・ラインアウト兼用端子、マイク・ラインイン兼用端子を配置左側面にはDVDスーパーマルチドライブを配置

 本体左側面にはDVDスーパーマルチドライブが搭載されている。こちらはBDXL対応のBlu-ray Discにも変更可能だ。

背面にはUSB 3.0端子×3、HDMI出力端子、有線LAN端子、電源端子のほか、オプションのテレビ機能用のアンテナ入力端子を配置

 本体背面にはUSB 3.0端子が3基用意されているので、周辺機器の接続も問題ないだろう。なお、右側面と背面のUSB端子は、選んだCPUによって仕様が変わるので注意が必要だ。試用機はCPUにCore i7 7700HQを搭載しており、Core i3-7100UやCeleron 3865Uを選択した場合には、USB 3.0端子×3+USB 2.0端子となる。

 電源コードやアンテナ入力は配線しなければならないが、個人的にはこのフォルムを有効に使うには無線環境を使うほうがいいと感じている。有線LAN端子は用意されているが、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)にも対応しているので、使えば配線がすっきりする。キーボードやマウスもワイヤレスのものが標準装備されている。

標準で付属するワイヤレスキーボードとマウス。使わないときはディスプレー下に収納できるサイズになっている

 また、パソコン上部には約92万画素のウェブカメラがあり、使わないときは本体内に格納できるようになっている。

本体上部にあるウェブカメラ
使用しないときは本体内に格納できる

 次回はESPRIMO WF1/C2の使い勝手やマシンスペックについて紹介する。

ESPRIMO WF1/C2の主なスペック
基本構成 試用機の構成
CPU Celeron 3865U Core i7-7700HQ
グラフィックス インテル HD グラフィックス 610 インテル HD グラフィックス 630
メモリー 4GB 32GB
ストレージ 1TB HDD 256GB SSD+1TB HDD
ディスプレー 23型(1920×1080ドット)、スーパーファインLH IPS液晶
内蔵ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
インターフェース(右側面) USB 3.1 Type-C(Gen1)端子、USB 3.0端子、SDカードスロット、マイク・ラインイン兼用端子、ヘッドフォン・ラインアウト兼用端子、miniB-CASカードスロット USB 3.1 Type-C(Gen1)端子、USB 3.0端子、SDカードスロット、マイク・ラインイン兼用端子、ヘッドフォン・ラインアウト兼用端子、miniB-CASカードスロット、HDMI出力端子
インターフェース(背面) USB 3.0端子×2、USB 2.0端子、有線LAN端子、アンテナ入力端子 USB 3.0端子×3、有線LAN端子、アンテナ入力端子
サイズ およそ幅558×奥行167~176×高さ362~370mm
OS Windows 10 Home(64bit)
価格 15万3144円 25万9184円
価格(クーポン利用時、10月12日現在) 11万7920円 19万9571円

■関連サイト

カテゴリートップへ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通 FMV LIFEBOOK NH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK MH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK LH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通