このページの本文へ

ワイヤレスでリアスピーカーを鳴らせる、ヤマハのMusicCast サラウンドを試す

Wi-Fi対応の「MusicCast BAR 400」で、ガルパンの5.1ch再生に挑戦です!

2018年10月18日 11時00分更新

文● 鳥居一豊 編集協力●清水学

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

手軽に設置できるサウンドバーで
映画も音楽もワイヤレスで楽しめ!

 しかしあきらめる必要はない。手軽さと高音質を両立した選択肢も存在するのだ。一例となるのが、サウンドバーの導入。薄型テレビの手前に置いて楽しめる横長のスピーカーのことで、バーチャルサラウンド技術で、仮想的にではあるが、前方にスピーカーを置くだけでも映画館のように広がりのある音を再現できる。

アニメも大好きな鳥居一豊氏がワイヤレスサラウンドを体験。

 各社が製品を出しているが、ここではヤマハの「MusicCast BAR 400」を中心にその魅力を紹介していく。手頃な価格のサウンドバーとして大人気のYAS-108の上位モデルだ。若干価格は上がるが、さらに音にこだわった設計であり、ワイヤレス接続のサブウーファーも付属する。バーチャルサラウンド技術「DTS Virtual:X」を採用し、左右だけでなく高さ方向の音まで再現する立体的なサラウンドを楽しめる。

 さらにWi-Fiまで内蔵。ここが一般的なサウンドバーとは一線を画す部分だが、ヤマハ独自のワイヤレス音楽再生「MusicCast」が利用できる。

 メリットは2点あり、ひとつがシアター用だけでなく音楽用でも便利に使える点。もうひとつが別室に置いたWi-Fiスピーカーと連携して、リビングだけでなく家の様々な場所に音を流せる点だ。

MusicCast CONTOROLLER。ロスレス圧縮の高音質ストリーミングサイト「Deezer HiFi」への対応も魅力のひとつだろう。

 具体的には、SpotifyやDeezer HiFiなどの音楽配信サービスやradiko.jpなどのインターネットラジオを単体で再生できたり、リビングに置いたMusicCast BAR 400の音をキッチンにあるMusicCast対応スピーカーに配信して家族がテレビで見ている番組やBD/DVDの音声を、料理や後片付けの家事をしている合間に楽しんだりできる製品ということになる。

 さらに、面白いのが「MusicCast サラウンド」の機能だ。MusicCast BAR 400と連携させてMusicCast対応スピーカーをワイヤレス接続のリアスピーカーとして動作させられる。

 まとめると、ハードルの高いサラウンド再生をサウンドバーとサブウーファーだけで実現できるので、設置場所はテレビの周りだけでOK。サブウーファーはワイヤレスだからケーブルを引き回す必要もない。設置の問題は解決だ。それに加えて、最新の音楽配信サービスまでも楽しめる機能を持つのだから、映画だけでなく音楽も楽しめる。リビングのオーディオシステムとしてはまさに理想的な存在と言えるだろう。

 そんな魅力たっぷりのMusicCast BAR 400を使って、手軽にガルパン総集編を楽しんでみるのが今回のテーマだ。「映画館のような迫力のある音響を、家庭でも体験できるのか?」を試してみよう。

マニアックな使いこなしが可能な「MusicCast BAR 400」

 MusicCast BAR 400について、もう少し詳しく解説していこう。

 特徴はすでに述べた通りだが、Wi-Fiの付加価値を外した「サウンドバー」と比べてもなかなか高機能な製品だ。しかし、その魅力は機能だけではない。音質にもかなりこだわった製品になっている。

ツィーターの左右にウーファーを2基搭載した仮想同軸配置を採用している。

 スピーカーシステムは、2つの4.6cmウーファーの間に2.5cmツィーターがある仮想同軸配置。3つのスピーカーの音がツィーターを中心とした軸に揃うため、定位がよく明瞭な再生ができる方式だ。MusicCast BAR 400はこれを左右一対に配置してステレオ再生が可能となっている。駆動するアンプは、先進的なフルデジタルアンプ「DDFA(Direct Digital Feedback Amplifier)」だ。高速かつ高精度なデジタルフィードバックを行うことで、よりクリアな中高域の再現を実現している。

サブウーファーは無線接続だ。

 組み合わせるワイヤレスサブウーファーは、設置場所に困らないスリムなサイズながら16cmの大口径ユニットを搭載。迫力ある重低音の再生を可能にしている。

 さまざまな機器と接続するための入力端子も充実しており、HDMI入力1系統、光デジタル音声入力×1、アナログ音声入力×1を持つ。ネットワーク接続はWi-Fiのワイヤレス接続に加えて、LAN端子による有線接続も可能だ。光デジタル音声入力はゲーム機などと接続するのに最適。アナログ端子を持つため、最近人気が再燃しているアナログレコードの再生にも対応できる。Bluetoothを搭載し、スマホとの連携もできる。

コンパクトで使いやすいリモコン

 入力の切り替えや音量調整、サラウンドモードの切り替えといった操作は付属のリモコンで手軽に操作できるが、より快適に楽しむならば、無料のスマホ用アプリの「MusicCast CONTROLLER」を使うのがおすすめだ。

 複数のMusicCast対応スピーカーをまとめて操作できるし、MusicCast サラウンドの設定もここからできる。複数の場所で音楽を共有したり、MusicCast BAR 400を中心にワイヤレスのサラウンドシステムを組むといった操作が、画面を見ながら分かりやすくできるようになる。

 サラウンド音声再生時は、映画/テレビ番組/音楽/スポーツ/ゲームの5種類のサラウンドモードを切り替えることが可能。多彩な音楽配信サービスやインターネットラジオの操作も手元で手軽に行えるので便利だ。すでに述べたように、Deezer HiFiやSpotify Connectに対応。iOS機器やMacからワイヤレス再生ができるAirPlayなども利用できる。

Alexaからの音声操作も期待したい機能だ

 ちなみに、Amazonが販売するスマートスピーカー「Amazon Echo」との連携も可能。「MusicCastスマートホーム」スキルでAlexaを使った音声操作にも対応している。

©GIRLS und PANZER Projekt

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画