このページの本文へ

クラシック音楽に隠された「進化の法則」、京大の研究者ら発見

2018年10月03日 11時55分更新

文● Emerging Technology from the arXiv

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

京都大学の中村特別研究員と東京大学の金子教授は、16世紀から19世紀における西洋音楽の様式の変化が、進化のプロセスで説明できることを明らかにした。この研究で採ったアプローチは、言語やファッション、科学の進歩など他の文化的現象の理解にも役立つ可能性がある。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ