このページの本文へ

e-Sports大会「GALLERIA GAMEMASTER CUP 2018」でSCARZ Absoluteが優勝

2018年10月02日 17時00分更新

文● ラモス/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

優勝トロフィーを持つ「SCARZ Absolute」

 サードウェーブは10月1日、世界に繋がるとうたうe-Sports大会「GALLERIA GAMEMASTER CUP 2018」のオフライン決勝大会(プレイオフ)の結果を発表。本大会は9月29日と30日に「LFS池袋 esports Arena」で開催した。

優勝チーム「SCARZ Absolute」に賞金100万円を授与

 FPSタイトル「Counter-Strike:Global Offensive」の国内最高峰の大会。グループステージを勝ち抜いた4チームが対戦を繰り広げた。グランドファイナルは「Ignis」と「SCARZ Absolute」がハイレベルな試合を展開し、SCARZ Absoluteが優勝。

「ZOWIE eXTREMESLAND CS:GO ASIA 2018」のチケットを渡すBenQ eXTREMESLAND manager / Frank Z Fan氏

 SCARZ Absoluteは賞金100万円に加え、10月18日に中国・上海で開催される「ZOWIE eXTREMESLAND CS:GO ASIA 2018」、および11月8月に台湾・高雄で開催される「第10回eスポーツワールドチャンピオンシップ」の出場権を勝ち取った。準優勝のIgnisは賞金30万円に加え、「ZOWIE eXTREMESLAND CS:GO ASIA 2018」の観戦ツアーを獲得。3位の2チームは、賞金10万円と同じく「ZOWIE eXTREMESLAND CS:GO ASIA 2018」の観戦ツアーを手に入れた。

「第10回eスポーツワールドチャンピオンシップ」のチケッ トを渡す日本eスポーツ連合 専務理事 平方彰氏

全体写真 優勝/準優勝チーム プレゼンター

観戦中の来場者

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ