このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

今月のピックアップコスプレイヤー 第12回

キャラの特徴を活かしてコスプレイヤーをスタジオ撮影

2018年09月29日 15時00分更新

文● pepe 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

evaさん(@evactronic)
高垣楓(アイドルマスターシンデレラガールズ)

―――アイドルマスターシンデレラガールズで「高垣楓」のコスプレをする「evaさん」さんです。よろしくお願いします。

【eva】 よろしくお願いします。

―――コスプレを始めたのはいつごろでしょうか? そのきっかけも教えてください。

【eva】 大学生時代、私は理系だったのですが研究室のみんなでハロウィンパーティーをやることになったのがきっかけでした。

―――ハロウィンパーティーではどんなコスプレを?

【eva】 実はそのハロウィンパーティー企画はいろいろな事情があって実現しなかったのですが、同じ研究室のお友達がすでにコスプレデビューしていて、それじゃあ今度一緒にコスプレしよ! ってなり、その時はローゼンメイデンの「水銀燈」をやりました。

―――当時はどれくらいの頻度でコスプレをされていましたか?

【eva】 コスプレを始めた当時も今も、コスプレの頻度は2ヵ月に1回くらいです。実は今大学院で色々と研究しているのであまり時間が作れなくて。たまにはこうやってコスプレしたり、遊びたくなったりしちゃいますけど。

―――院生レイヤーですね?こんな言葉があるかどうかはわかりませんが……

【eva】 そうなりますね(苦笑)

―――女装と男装、どちらのコスプレをすることが多いですか?

【eva】 9割が女装です。可愛いキャラクターとか、お姫様系のキャラクターが好きなので。可愛い衣装、今日の衣装もそうですけど、やっぱりこういうドレスとかフリフリの衣装が好きです。

―――衣装は既製品を購入しますか?それともご自身で作りますか?

【eva】 私はミシンとの相性が悪いので購入してしまいますね。

―――つまり苦手なのですね。

【eva】 端的に言うとそうですね(笑)。高校生時代に文化祭の演劇衣装を作ったのが最後かもしれません。ただ、小道具とか小物を作るのは好きなので、自分で作るようにしています。

―――今回「高垣楓」を選んだ理由を教えてください。

【eva】 ズバリ、私の推しだからです。彼女がいなかったら、ゲームをやっていなかったと思います。初めは見た目で一目惚れだったけど、彼女はお酒とダジャレが好きでちょっとおじさんっぽいところがあって、でもみんなに広く受け入れられ、愛される存在。彼女を知れば知るほど好きになっていくんです。

―――今までコスプレしたお気に入りのキャラクターは何ですか?

【eva】 初めてコスプレしたローゼンメイデンの「水銀燈」が好きで今も時々やっています。それと昔からFateシリーズが好きで、最近だと「アルトリア・ペンドラゴン」とか、「イリヤスフィール・フォン・アインツベルン」、これは男装ですけど「間桐雁夜」とか。プリキュアシリーズが大好きで「キュアマジカル」、そして今日コスプレしている「高垣楓」さんも。

―――コスプレをする際に心がけていることはありますか?

【eva】 私は撮影をしていると、もっと積極的にカメラに写りたいというか、だんだん前のめりになってしまうのですが、このキャラクターだったら果たしてそうだろうか? カメラを向けたらどんな表情やポーズをとるだろうか? と考えるようにしています。つまりそのキャラクターになりきるということなのですが、難しいですよね。

―――「eva」さんにとってコスプレとは何ですか?

【eva】 私にとっては憧れであり、大好きなものがたくさん詰まっている存在へ近づき、理解する手段です。どんなにコスプレしても満足できないし、次に生かそうとして調べれば調べるほど好きになって、またコスプレしたくなって、それを繰り返すうちに少しだけ近づく。この話をしているだけでまたコスプレしたくなってきました。

―――ありがとうございました!

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ