省電力と伝送速度のバランスをとったIoT通信に最適

IoT通信サービス「SORACOM Air」がLTEより省電力なLTE-Mに対応

大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2018年9月26日、ソラコムはIoT向けデータ通信サービス「SORACOM Air for セルラー」において、LTE-M(Cat.M1)を利用できる新プラン「plan-KM1」の提供を開始した。KDDIのLTE-Mネットワークを利用しており、省電力と通信速度のバランスをとったIoTでの利用に最適となっている。

「plan-KM1」のSIMカードを紹介するソラコム 代表取締役社長 玉川憲

LoRaWAN、Sigfoxに次いで3つ目のLPWA

 LTE-Mは既存の4G LTEネットワークを利用するセルラーLPWA(Low Power Wide Area)規格。同じIoT向けLTE規格のCat.1に比べ、伝送速度は0.8(下り)/1Mbps(上り)と遅いものの省電力技術eDRX(extended Discontinuous Reception)とPSM(Power Saving Mode)により、乾電池でのデバイス動作が可能という高い省電力性能を実現する。モジュール自体もシンプルで安価。一方、より省電力を追求したNB-IoTに比べると伝送速度も速いという特徴を持つ。

 今回対応したLTE-Mサービスは、これまでSORACOMで対応してきたLoRaWANとSigfoxに続く3つ目のLPWAとなる。自前でのネットワーク構築が可能なLoRaWAN、グローバルで実績の高いSigfox、既存のLTE網を迅速に利用できるLTE-Mという3つのLPWAに、既存のセルラーサービス(2G/3G/LTE)も用意しており、伝送能力、省電力、コストなどさまざまな要件から、ネットワークを選択できるという。

LTE-Mサービスの位置づけ

 plan-KM1の初期費用(契約事務手数料)は1500円/回線、基本料金が100円/月(101回線~は90円/月)、データ通信料(税別)が0.5円/KBとなる。準備完了、利用開始待ち、解約済みのステータスでは基本料金はかからない。

バイナリパーサーをSORACOM Air for セルラーにも提供

 また、あわせてデバイスが定義するバイナリフォーマットをクラウド側で利用しやすいJSON形式に変換してくれるバイナリパーサーの機能を、plan-KM1含めたSORACOM Air for セルラーにも提供する。これまではデータ転送レートの低いLPWAのみに提供されていたが、セルラー系サービスにも提供され、データサイズを削減することができる。

バイナリーパーサーの機能

 plan-KM1を利用したいユーザー向けのリファレンスデバイスとしてLTE-Mモジュールを搭載したマイコンボード「Wio LTE M1/NB1(BG96)」(Seeed製)および、組み込み型のLTE-Mモジュール「BG96-TE-A」、開発ボードもあわせて提供が開始される。

■関連サイト

過去記事アーカイブ

2024年
01月
02月
2023年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月